Home /NEWS 3億4000万円、7台限定...

レイカン ハイパ=スポーツ

3億4000万円、7台限定生産のレイカン ハイパースポーツ走行中の動画公開!

レバノンの首都ベイルートに拠点とする新興スーパーカーメーカー、Wモーターズ社が開発したスーパーカー、「Lykan Hypersport(レイカン ハイパースポーツ)」の映像を、ドバイに拠点を置くメディアGTVが公開しました。

ルーフが開発したハイパワー・エンジンを搭載し、7台限定生産で、且つ販売価格が日本円にして約3億4000万円という価格を公表している、Wモーターズ社は、その開発をデザインはトリノ、パワーソースはポルシェのチューニングで有名なルーフ、その基本設計は、ベンツの4マチックを受託生産し、4輪駆動車で技術力を持つマグナシュタイア社等が行っているようです。

今回、レイカン ハイパースポーツの滑らかなメタリックグレーのボディで、バットモービルスタイルの外観をドバイオートドロームへ表し、ルーフの開発したフラット6のしわがれた爆音をとどろかせて登場、その走る映像が撮影されました。これは、初のアラビアン・ハイパーカーとして、誕生、走行する映像となります。すでに、米国を初めとして、ロシア、中国などからオファーを受けている模様で、今後、Wモーターズ社は生産を拡大するかも知れないと言っているようです。

内装も、価格にふさわしくゴールドでステッチされた本皮のシートを持ち、表示はホログラフィック・ディスプレー、更にチタン製のパーツがアクセントとなり、ヘッドライトはダイヤモンド・コーティングされているそうです。此れを聞くと、いかにも中近東の人達の好みが満載のようですが、その疑問は、この映像を見れば判明するかも知れません。ちなみに、シフトはシークェンシャルシフトが映像で確認できます。

コメントを残す