Home /NEWS VWゴルフ クリーンディー...

VW ゴルフ クリーンディーゼル 自動車

VW ゴルフ クリーンディーゼル搭載車 実燃費リッター34.2キロ!

VWフォルクスワーゲン)の主力車種である、ゴルフ。現在7代目となるゴルフですが、日本仕様にはガソリンモデルのみのラインナップとなっていますが、欧州ではクリーンディーゼル仕様車であるゴルフ7 1.6TDIブルーモーションが、カタログ値上回るゴルフの歴史史上最高燃費を出したと、フォルクスワーゲンは発表しました。

VW ゴルフ TDIブルーモーション

日本導入も検討されているゴルフのディーゼルモデルである、TDIブルーモーション。最大出力110psの1.6リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、低い回転域からトルクを発生するのが特徴で、優れた環境性能と低燃費した1.6 TDI ブルーモーションはカタログ値として31.25km/L(3.2L/100km)と、素晴らしい数値です。カタログでの燃費と実燃費は別物といった事は、一般的に認知されてきていますが、カタログ値より実燃費が優れてる事を実際に走行し、VW車は発表しました。

VW ゴルフ ディーゼル 自動車

実燃費リッター34.2キロ

この実燃費リッター34.2キロと言う数値は、VWがゴルフの優れた環境性能ないしは、低燃費を実験するためにフランスのナントから、パリ・ベルギーのアントワープ・ドイツのハンブルグと都市を複雑なルートで巡り、デンマークのコペンハーゲンまでを、50リッターの燃料タンクには一切給油することなく、20時間45分かけて走行し、その結果がリッター34.2キロと言うカタログ値を上回る数値になったとのことです。

フォルクスワーゲンの歴代ゴルフで最高の燃費記録であるとともに、カタログの数値に嘘偽りはナシと証明した実験となりました。日本国内にも導入が前向きに検討されているこのディーゼルモデル。日本ではどう受け止められるのか、非常に楽しみです。

コメントを残す