Home /NEWS あのVWタイプ2、通称ワー...

VW ワーゲンバス キャンピングカー

あのVWタイプ2のキャンピングカーが新車で買える!

あのVWタイプ2バスの新車が変えるなんて信じられません。ドイツではとっくに生産中止になっていたタイプ2が、はるかブラジルで40年以上、生き延びて生産されていたそうです。確かにタイプ1と言われた「ビートル」が最後まで生き残っていたのがメキシコやブラジルでしたが、タイプ2も生き残っていたとは!
Space
今回、その40年間生き延びたタイプ2をキャンピング仕様にして、日本に導入するという、マニアには応えられない事でしょう。しかし、ブラジルでも安全装備の義務化に応えられず、今年限りで生産中止になる為、新車で手に入れる最後のチャンスとなるそうです。

この最後のVWタイプ2は、ヨーロッパでも注目されており、イギリスのダンベリー(DANBURY)社が此れを輸入、キャンピングカーに架装して販売しているそうです。しかもこのキャンピングカーはVW社から公式認定されているということで、品質も折り紙つきとなっています。
日本の販売元は、当初日本に導入すると、かなり高額となる為、躊躇されたそうですが、新車で手に入る最後のチャンスと、ダンベリー社と契約を結び、10月から販売を開始するそうです。現在1台のサンプルカーが日本に向けて搬送中で実車が見られるのも真近です。

VW ワーゲンバス キャンピングカー

VW ワーゲンバス キャンピングカー

VW ワーゲンバス キャンピングカー

仕様は3人乗りリアシートを装備する5人乗りと、後部座席が2人乗りで、クッキングテーブルや収納が大きな4人乗り仕様の2タイプが用意され、それぞれ価格は650万円で此れには輸送費、通関費用、排気ガス検査費、予備検査費を含んでおり、他に必要な税金、登録諸費用は約35万円程度になるということです。

VW ワーゲンバス キャンピングカー

インテリアや、装備は多彩なものが用意され、自分好みにコーディネイトも可能で、それも楽しみの一つです。又、最終タイプの生産車は、水冷となっている為、フロントにグリルがありますが、オプションでスペアタイヤを取り付け可能で、それも雰囲気を出すアイテムとなっています。

VW ワーゲンバス キャンピングカー

何方でも、簡単に手が出る金額ではないでしょうが、ベース車両を手に入れてフルレストアすれば、この程度の金額ほどは掛かってしまうでしょう。新車でこの車を欲しい方は、急いで決断することが必要でしょう。

[source  Autoblog

1 reply to this post

コメントを残す