Home /NEWS VW e-UP!の静粛性を...

フォルクスワーゲン 電気自動車 eUP!

VWの電気自動車、e-UP!の静粛性をアピールするユニークなプロモ動画

フォルクスワーゲンが、2013フランクフルトモーターショーでワールドプレミアした電気自動車、フォルクスワーゲンe-Up!の静音性をアピールするため、ちょっとナンパで、悪戯好きなヒューマンビートボックスアーティストを起用したユニークなプロモーション動画をを公開しました。

VWの電気自動車 e-UP!

最高出力60kW(82ps)の電気モーターで、210Nmの最大トルクを発揮、トップスピードは130km/h。走行可能距離はNEDC計算で160kmであり、電気料金換算では100kmの走行に3ユーロ(約420円)にしかならないと発表されています。

また欧州では、230Vのソケットを利用する通常充電と、家庭に設置するウォールボックスでの充電、さらに80パーセントまで30分で充電を完了する急速充電に対応するほか、ネットワーク接続機能によって、スマートフォンからのコントロールが可能など、EVに要求される基本的な装備をそなえています。

価格は、ベースモデルが2万6900ユーロ(約350万円)と、高めの価格設定。エンジン車のフォルクスワーゲンUP!上位モデル相当の装備をそなえるとはいえ、国内メーカーのEV車相場からすると割高感はあります。

それでも、フォルクスワーゲンのブランド力とデザイン、補助金が出て300万円以内になる事を考えると『ありかな』と、思える範囲内。日本でも2014年にリリースが予定されています。

コメントを残す