Home /NEWS VW、新コンパクトSUVコ...

フォルクスワーゲン T-roc

VW、コンパクトSUVコンセプトをジュネーブで披露する事を発表しスケッチ画像を公開!

フォルクスワーゲンは、3月4日からスイスで開催されるジュネーブモーターショーでサブコンパクトクラスのクロスオーバーSUVのコンセプト Volkswagen T-ROC Conceptを披露することを発表するとともの、そのスケッチ画像と概要を公開しました。

Volkswagen T-ROC Concept

このT-ROCは、フォルクスワーゲンが近くリリースすると言われているサブコンパクトSUVをプレビューしたコンセプトで、3ドアのボディに脱着式のルーフを備えているのが特徴。

サイズは全長4,179mm × 全幅1,831mm × 全高1,501mmとVWティグアンよりも一回り小型で、ブラジルのサンパウロモーターショー2012で初公開されたVW UP!をベースに開発されたコンパクトSUVのタイグンよりも一回り大きくなっています。

VW T-roc

VW T-roc exterior


 

取り外した画像がないので良くわからないですが、タルガトップのように外せる訳ではなく、サンルーフ部分のみを外せる感じなのかもしれません。
 

フォルクスワーゲン T-roc

フォルクスワーゲン T-roc インテリア


 

そしてこのフォルクスワーゲンT-ROCの最大の特徴とも言えるのが、インフォテイメントシステムのディスプレイを取り外すことが出来、タブレットとして使用することが可能。その他、12.3インチのサイズのデジタルメーターなどを装備。

このT-ROCには、ゴルフGTDと同じエンジンを搭載し、1,420kgの重量の車体を静止状態から100km/hまでの加速は6.9秒、最高210km/hの速度で走行可能な動力性能を持つているとのこと。

また、4.9L/100km(約リッター20km)と高い燃費を誇り、CO2排出量は129g/kmという高い環境性能を持つと発表されています。

via Worldcarfans

コメントを残す