Home /NEWS 最高速度は434km/h以...

Trion-SuperCars-Nemesis


米新興メーカーが2000馬力のスーパーカーを開発中である事を発表!
アメリカの新興自動車メーカーTrion SuperCars社が、最高出力2000hpを発揮するという超弩級のスーパーカー「Trion Nemesis(トリオン ネメシス)」を開発していることを発表したと様々な自動車メディアがリポートしています。

このトリオン ネメシスには、インコネル合金という高温特性に優れた、スペースシャトルや原子力産業にも使われる超合金を採用したカーボンファイバー製のシャシーに、V8ツインターボエンジンを搭載し、「Predator Mode(プレデターモード)」という機能から最高出力2,000hpを発揮し、0-60mph加速2.8秒、最高速度270mph(約434km/h)以上が可能。

その他、アクティブエアロダイナミクスやインターネット環境へのアクセスを可能とするデジタルフラットコントロールパネル、”Predator Mode”と呼ばれる、キャビンの照明やサスペンション、エキゾースト、車高、レブリミットなどを変更する機能なども備えられるとしている。

なお、最初のプロトタイプは4月に製作される予定とのこと。

しかし!このネメシス期待しすぎは禁物?

でも、このネメシス期待しすぎてはいけないようです。Motor Authorityによると、この実際にはTrionの仮設本社同様、デザイナーの妄想とスクリーン上での設計にすぎないかもしれないとのこと。

トリオン社の公式サイトには、カリフォルニア州アーヴァインに10,000平方フィートの敷地にNemesis生産のための製造や事務所を備えた施設があると載っていますが、Googleのストリートビューで住所を検索で見てみると、公式サイトのような看板や建物が見当たらないんです。

下がトリオン社の公式サイトに掲載されている本社の画像

Trion-SuperCars-web Site

Trion-SuperCars-web Site


 

下がGoogleストリートビューでの様子。十分立派な建物ですが、HPの写真とはどう見ても違うし、敷地面積は10,000平方フィートは無さそうです。

Trion-SuperCars-Google streetview

Trion-SuperCars-Google streetview


 

うーん。。。 どういうことでしょう。

こんなスーパーカーが登場することは誰もが夢見ていますよね?もちろん、実現してほしいものです。
ただ、今はTrion社の健闘を祈って期待しすぎずに待ちましょう。

今のところは、まだ見ぬスーパーカーとして心の中に留めておくのが賢明のようです。

Source MotorAuthority

コメントを残す