Home /NEWS トヨタ プリウスのSUVバ...

トヨタ プリウス ハイブリッド 新型SUV車 Toyota-RAV4-1

トヨタ プリウスのSUVが検討?

今やトヨタの看板車と言っても過言でもないハイブリッド車であるプリウス。そのプリウスにクロスオーバーSUV車バージョンが検討されていると、豪メディアのmotoringがレポートしています。現在行われている東京モーターショーにアクアの派生車種のクロスオーバーSUVである、アクア クロス コンセプト「aqua cross concept」が出展されていますが、トヨタは現在小型SUV車が人気があることに対して、次期プリウスの派生車にクロスオーバーSUV車を検討してると言うのです。(TOP画像はRAV4)

トヨタ アクア クロス コンセプト車

今更感も否めない プリウスのSUVモデル

現在プリウスの人気は世界的にも不動となっており、そのSUVモデルは検討されるのも当然だと思います。ですが、そのポジションは果たして現在のトヨタに必要なのでしょうか?アクアベースのコンパクトSUV車は確かに魅力的です。それがプリウスのサイズとなると疑問視がつきます。(画像はアクア クロス コンセプト)

国内では販売されていないSUV車 RAV4、そして新型ハリアーハイブリッド

これから国内で販売される新型ハリアーハイブリッド。サイズダウンを果たし、このハリアーとプラットフォームを共有化していて、海外専売モデルとなっているトヨタ RAV4。(TOP画像が現在販売されているトヨタ RAV4)この辺りが謎な所です。

トヨタ 新型 ハリアー画像

トヨタ RAV4のボディサイズが、4570 × 1845 x 1660mm となっており、現行プリウスの、4460 x 1745 x 1490mm と比較すると大きく感じますが、クロスオーバーSUVモデルとして製作するとすると、フェンダーを張り出させ、全高を高め、長めのバンパーを採用すると、プリウスのSUVもほぼ同じようなサイズになるのではと考えられます。

トヨタの中での住み分け

トヨタはとても沢山の車種を発売しています。その中で微妙なかぶりがあったりすることは良くあることなのですが、看板車種のプリウスの名を名乗って、かぶらせてくるのかは疑問です。このCセグメントのSUVは海外では非常に需要があり、あえて出してくるとも考えられますが…

どちらにせよ、この先ハイブリッド、もしくは燃料電池車(FCV)でのSUV展開があることは間違いなさそうです。まず、アクアのSUVを出して欲しいですね。

コメントを残す