Home /NEWS 噂は本当だった!トヨタ、新...

TOYOTA_S-FR

なんと全長4メートル以下!

先日スクープされていたトヨタによるコンパクトFRスポーツカー開発の噂。どうやらそれは本当だったようです。

実用化の是非についてはもちろん現時点では具体的な言及はないものの、トヨタは現行の86よりもコンパクトなFRスポーツカーコンセプト、S-FRコンセプトを公開予定であるとのこと!

メインテーマはもちろん、ライトウェイトとスモール。そして駆動方式はFR。そのテーマを忠実に具現化したとも言えるディメンジョンは全長3990 mm、全幅1695 mm、全高1320 mm、そしてホイールベースは2480 mm。このコンパクトなボディに4シーターのキャビンを備えています。

TOYOTA_S-FR

デザインはあの伝説のライトウェイトスポーツカー、トヨタ スポーツ800、通称「ヨタハチ」からインスパイアされたとも言われ、アグレッシブなコンセプトとは裏腹に全体的に丸みを帯びたキュートなもの。ブラックのルーフもそのデザインを引き締める役割を果たしているようにも思えます。

インテリアもシンプルそのもので、エアコンやUSBポート、パワーソケットにエンジンスタートボタンなど最小限の機能のみとなっています。

気になるスペック面は公開されていませんが、インテリアのショートシフトノブには否が応にも期待は高まります。

TOYOTA_S-FR

トヨタによれば、このS-FRコンセプトはドライビングとカスタマイズの両面でオーナーが楽しめることを目指しているようで、市販化にあたれば86の下にラインナップされる見込み。もちろん現時点で量産化についての言質はありませんが、このS-FR、ほぼこのままの形で量産化されてもなんら不思議ではないような気がしてしまいます。

とにもかくにも、東京モーターショーでの公開が楽しみですね!

TOYOTA_S-FR

TOYOTA_S-FR

TOYOTA_S-FR

TOYOTA_S-FR

TOYOTA_S-FR

TOYOTA_S-FR

TOYOTA_S-FR

via WORLD CAR FANS

コメントを残す