Home /NEWS JDMの集大成!初代トヨタ...

TOYOTA CELICA RA24

初代トヨタ セリカ超美麗レストモッド!

お伝えしている通り、現在世界中で高まっている国産スポーツカーの人気はかなりスゴイものがあるようです。それは旧車とて例外ではないのはこの美しく仕上げられたRA24トヨタ セリカのレストモッドを見れば明らかなようです。

旧車のカスタムと言えば、オリジナルの状態を復元するレストアがこれまで主流でしたが、最近の潮流としては、そのエクステリアや雰囲気にオリジナルの要素を残しつつも、中身を中心に大胆に最新の技術やパーツを取り入れるレストモッドと呼ばれるアプローチも人気を博しています。

TOYOTA CELICA RA24 _004

スカイラインのミッドナイトパープル

このセリカ、まずそのエクステリアがなんとも一目を惹くパープルカラーですが、これは日産 スカイラインで人気を博していたミッドナイトパープル。アングルや照度によってカラーリングを妖しく変化させ、セリカのコンパクトながら無骨なボディラインを際立たせるのにこれ以上ないカラーリングと言えます。

コックピットやエンジンルームの至るところにも、ミッドナイトパープルのネオクロームがクルマ全体のイメージを見事に統一しているぬかりのない仕上がり。

BBS RSホイールも、このクルマにこれ以上の取り合わせはあるのかとも言える程の組み合わせ。足元からセリカを引き締めています。

TOYOTA CELICA RA24 _001

TOYOTA CELICA RA24 _009

エンジンはS2000のF22C

さらに中身はエンジンも大胆な換装!なんと搭載されているのはホンダ S2000のF22C。ご存知の通り高回転のNAエンジン。さらにエンジンチューンが施されているかどうかは不明ですが、ストックの状態であってもセリカの軽量なボディに最高のドライビングプレジャーをもたらすことは容易に想像できるであろう名機。

JDM、つまりジャパニーズドメスティックマーケットの自動車を、これほどまでにカッコよく現代に甦らせたのが我々日本人ではないことが少々悔やまれます。

やっぱり何事も大切なのは、新しいか、古いかではなく、シンプルにカッコイイかどうか、ということなんですね!

このセリカ、並びに40年前のトヨタの開発チームも、時を越えてこうして新たな命が吹き込まれるとは想像だにしなかったのではないでしょうか?

TOYOTA CELICA RA24 _010

TOYOTA CELICA RA24 _006

TOYOTA CELICA RA24 _005

TOYOTA CELICA RA24 _003

TOYOTA CELICA RA24 _002

TOYOTA CELICA RA24 _007Source: THE HUNDREDS

コメントを残す