Home /NEWS トヨタ、86オープン コン...

トヨタ86オープン FT86 新型車

トヨタ、86オープン コンセプトを東京モーターショーに出展

トヨタは、今年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアしたオープンFRスポーツ、トヨタ86オープン コンセプト「FT-86 Open concept」を、11月20日(水)から12月1日(日)までの12日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される第43回東京モーターショー2013において、展示すると発表し画像と概要を公開しました。
トヨタ86オープン FT86 新型車

今回、披露されるトヨタ「FT-86 Open concept」はオープンと紹介しています。その名前の通り、FT86をベースにして、4人乗りのオープントップのコンバーチブルになっていますが。トヨタは、スポーツ ドライビングをファミリーあるいは友達とワイワイ楽しむ為の車と考えているようです。(後座席は相当
狭そうですが(笑))

トヨタ86オープン FT86 新型車

トヨタ86オープン FT86 新型車

乗ってスポーティで、オープンにして軽くスポーツドライビングを楽しみ、4人乗って家族サービスも可能と、トヨタ企画陣はなかなか上手いところを狙ったと考えられます。このFT86オープンコンセプトは、一台で総てをこなさなければならない、若者や、団塊世代を含んだスポーツドライビング好きやファミリー層をひきつけそうです。

トヨタ86オープン FT86 新型車

内装も落ち着いたスポーティなものでありながら、色使いもあってか、広い年齢層にもあいそうな、落ち着いたデザインがされています。

トヨタ86オープン FT86 新型車

トヨタ FT86オープン コンセプト

今回のトヨタ86のオープンモデルは、電動開閉式のソフトトップを装備しつつも4名乗車を実現しています。電動のオープントップはなかなかきれいに纏まって、クローズド状態でもスタイリングは破綻せずに上手に処理されており、しかも4人をうまくカバー出来そうです。ただし、エマージエンシーシートレベルでヘッドクリアランスは?ですが。
尚、東京モーターショーでは、ボディーカラーにレッドを進化させたフラッシュレッドを採用しました。また、ボディーサイズは、4240×1775×1270mm(全長×全幅×全高)。ホイールベースは2570mmとなっています。
この、コンセプトモデルを見て、購買意欲をそそられても、実際にはコストの面からかなりレベルダウンしてしまうのが通常です。出来ればこのまま市販化されればよいのですが。団塊世代のオジサンも食指の動くトヨタ「FT86 オープン コンセプト」で、実物を早く見たいものです。価格はいくらになるのでしょうか?

コメントを残す