Home /NEWS トヨタ ハンドルが無い車、...

トヨタ 未来の車 FV2

トヨタ 近未来的車を東京モーターショーに出品

トヨタは、第43回東京モーターショー2013に出店する車を発表しました。東京モーターショーで世界初公開の車を出展するとだけ発表されていましたが、 次世代燃料電池自動車の、トヨタ FCVコンセプトだけでなく、発想の上の上を行くとんでもない車を出展することを発表しました。

コンセプトカーとは言え、世界ナンバーワンメーカーがここまでの突き抜けた車をコンセプトとして出すからには、実現させるつもりと考えられます。そんな凄い2台を紹介します。

世界初出展 未来の「愛車」トヨタ FV2

直感で感じあえる車をコンセプトとした、人と車が「カラダ」と「ココロ」で通じ合うことで、トヨタの考える「Fun to Drive」が感じられると言う、未来の「愛車」トヨタ FV2は、ビジュアルもかなり未来的デザインですが、なんとハンドルがありません!

ハンドルではなく、ドライバーの体重移動によって、前後左右の直感的な運転操作が可能だと言う、あのセグウェイも真っ青な、超未来カーです。

トヨタ 未来の車 FV2 2

さらに、周辺の車両や交通インフラ等と通信技術で繋がる事によって、危険を予知しドライバーに回避を促す機能も付き、安全技術も最先端です。

成長する車 トヨタ FV2

音声や画像認識等でに、ドライバーの感情を推測し、その感情とともに蓄積された運転レベル情報・走行履歴等から、その時のドライバーに合わせた、お薦めの行き先を提案。さらに、フロントガラスへの様々な情報を投影させ、ボディに設置したディスプレイ部の色や表示項目を自在に変化させることで、あたかも『愛馬』かのようにドライバーと共に成長する車と、最先端技術満載の未来カーです。

トヨタ 未来の車 FV2 3

自動でバランスを取ってくれる 未来的三輪車 トヨタ i-ROAD

バイクの使い勝手とクルマに近い快適性・安定性を両立し、新しい乗り味を提供する未来形パーソナルモビリティ、トヨタ i-ROADは、前輪に2つのタイヤを持つ三輪車です。
左右前輪が上下して車体の傾きを自動的に制御するアクティブリーン機構を採用することにより、ドライバー自身が車両のバランスを保たなくても自動でバランスを取ってくれると言う転ばない三輪車タイプの、新世代超小型パーソナルモビリティのコンセプトモデルで、クルマともバイクとも違う、全く別次元の一体感のある爽快な走りを実現するとの事です。

トヨタ 新型 三輪車 i-road

トヨタ 新型 三輪車 i-road 2

この新世代超小型パーソナルモビリティである、トヨタ i-ROADは、2014年から愛知県豊田市で実証運用する都市交通システム『Ha:mo』や、仏国 グルノーブル都市圏における超小型EVシェアリング等に順次投入するとの事です。乗れるようになったら、豊田市に人が殺到しそうです!トヨタ、恐るべし。

コメントを残す