Home /NEWS テスラ モデルSがまたも炎...

テスラ モデルS 爆発 炎上

6週間で3度目のテスラ モデルS炎上!原因は、またも金属との接触

米国の電気自動車メーカー テスラモーターズ社の電気自動車テスラ モデルS米国テネシー州の高速道路で炎上事故が発生したと、Reuterがリポートしています。

この6週間で3度目となるこの車輌火災ついては、まだ状況やその原因は完全に判っていませんが、テネシー州ハイウェイパトロールは、テスラ モデルSが路上に落ちていた金属片を轢いた後に起きたと報告しています。なお、幸い乗員は無事であったとのこと。

また、この車輌火災を受けてTesla Motors社は、現地に調査チームを送ったことを発表しています。

テスラ モデルS 1度目の炎上

テスラ モデルS 爆発 炎上

この炎上事故を受けて、テスラの関係者は声明を発表
発火は道路上の金属製の物体と車体下部が接触したことを起因に発生したと思われること、直後にモデル Sの自己診断機能が働き、ドライバーに車輌を停車させるように促したために、ドライバーが安全に避難出来たことや、キャビン内には炎が入らなかったこと、また、火災による損傷がバッテリーの前方に集中していたことなどの調査結果を明らかにしています。
その割には、モデル Sが停車しているのはどう見ても道の真ん中で、ドライバーが慌てて逃れた様子が窺えなくもないが・・・

テスラ モデルS 2度目の炎上

最初の事故の際に、テスラ社CEOのイーロン・マスク氏は、炎上が激しくなった原因について、リチウムイオンバッテリーに水をかけるなどした消防士の知識の欠如を挙げていたが、今回の事故では消防の到着の前からかなり炎上しているような・・・

テスラ モデルS

テスラ モデルS炎上の画像をアップした女性が可愛い♪
不謹慎な事言ってすみません。

 

コメントを残す