Home /NEWS スバル 新型レガシィをシカ...

スバル 新型車 レガシィ

スバル 新型レガシィをシカゴでワールドプレミアへ

スバル(富士重工)は2014年2月6日より開かれるシカゴモーターショーで、生誕25周年を迎えるレガシィの新型車を世界初公開すると発表シました。2月6日10時30分(現地時間)スバルブースにてワールドプレミアを行います。(TOP画像はレガシィコンセプト)

ロサンゼルスモーターショーでコンセプトモデルが公開されたレガシィですが、そのコンセプトカーのサイズは、4930 x 1940 x 1500 mmという大型なものでしたが、以前当サイトでもとりあげたテスト車両[参照:次期スバル レガシィ2015年モデルのプロトタイプをスパイショット!]では、そこまで大きなサイズではありませんでした。

subaru-legacy-2015-1

subaru-legacy-2015-4

本日記事にしたティザー画像[参照:スバル、新型レガシィのティーザー画像を公開!発表は2月6日!]は、レガシィコンセプトカーよりかなり現実味のあるサイドウィンドウ大きさやヘッドライト周りが変わっていることが分かります。

レガシィセダンテスト車両との比較してみると

テスト車両と見比べてみますと、ホイールベースは延長されるのは間違いないと見られていますが、根本的なボディサイズはレガシィコンセプトよりかなり小さくなり、現行モデル若干大きくなるといったものになると思われます。

スバルもフラッグシップ車でありながら、ミッドサイズスポーツセダンとうたっていますので、大幅なサイズ変更はなく、フロントライトなどの形状もかなり異なるものになると想定できます。

日本ではレヴォーグの発売によって、レガシィツーリングワゴンが消滅してしまいましたが、逆にスバルのフラッグシップ車としての価値を見いだせる新型車になることは間違いないです。

コメントを残す