Home /NEWS 日産 新型スカイラインを発...

スカイライン ハイブリッド 新型車

日産 新型スカイラインを発表 インフィニティロゴを採用し、ハイブリッドモデルに

日産自動車は11月11日、フルモデルチェンジした新型スカイラインを、2014年2月末に発売すると発表しました。新型スカイラインは、海外で日産が展開する高級ブランド、インフィニティ「INFINITY」のロゴを採用しています。海外ではインフィニティ Q50で販売されている新型スカイラインは、ハイブリッドモデルのみとなり、よりプレミアムなモデルとなっています。

日産 スカイライン フルモデルチェンジ概要

パワートレインには、1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステム「インテリジェントデュアルクラッチコントロール」を採用し、システム最高出力364ps(268kW)7速ハイブリッドトランスミッションの組み合わせで、18.4km/Lというクラストップレベルの低燃費と高出力の両立を実現し、エコカー減税による減税措置で自動車取得税及び自動車重量税が全車免税となっています

スカイラインハイブリッド

エクステリア

エクステリアはFRらしい躍動感、高揚感のあるデザインで、プレミアム感の高いデザインとなっており、ボディサイズは4790(Type SPは4800) × 1820 × 1440mmと、旧型モデルに対し、全高を10mm下げ、全幅を50mm広げたロー&ワイドのフォルムとなっています。フロントグリルにはインフィニティのロゴバッジを装着し、オールLEDのヘッドランプとリヤコンビネーションランプ・新形状のLEDターンランプとLEDフォグランプ等を採用しています。

スカイライン ハイブリッド 新型車

インテリア・装備

インテリアも洗練された機能的でドライビングへの高揚感のあるデザインと、寸法以上の広さ感を感じることが出来、ロングドライブでの快適さをさらに追求されています。

スカイラインハイブリッド

その他、高強度安全ボディ(ゾーンボディ)を採用することにより、世界最高水準の衝突安全性能を実現し、約60km/hでも衝突回避が可能な『エマージェンシーブレーキ』をはじめとした最先端の安全装備を採用し、全車にランフラットタイヤが標準装着され、空気が完全に抜けた状態でも時速80kmで150kmほどの距離を走行し続けることが可能都のことです。

新型スカイラインは日産の高級車のマザー工場である栃木工場で生産され、価格は350GT HYBRIDの、449万6100円〜350GT FOUR HYBRID Type SPの553万7700円となっています。

尚、ガソリン車として、現行スカイラインが併売され、全て2.5リッターV6モデルで、価格は299万400円〜328万9650円となります。

コメントを残す