Home /NEWS Ryno Motors、一...

Ryno-One-Wheeled-Electric-Scooter-1

一輪電動バイク、Rynoを4月から発売開始!

米オレゴン州に本社のあるRyno Motors社が開発した電動一輪バイク「Ryno(ライノ)」を2014年4月から事前予約分の出荷を開始する予定であることを発表しました。

この電動一輪バイクライノはもともとRyno Motors社のCEO(最高経営責任者)クリス・ホフマン氏の娘がゲームに出てきた一輪バイクを見て『通学に使える一輪バイクが欲しい♪』と、ホフマン氏に作ってくれとねだった事がプロジェクトのはじまり。

その後、趣味からビジネスへ変更し、実用化に向けて日々開発・研究に没頭。5年の開発期間を経て、電動一輪バイクRYNO開発したんだそうです。
 

RYNO Motors 2014 Launch / Pre-order

Ryno

このライノ、25インチの極太タイヤを履いてはいるものの、所詮は一輪。安定感が悪そうにも見えますが、姿勢が前後左右のどちらかへ極端に傾きそうになると、自動的にバランスを取って姿勢を戻す自動制御装置を搭載しているので一輪車に乗れない人でも簡単に乗る事ができます。

そして加速するには通常のバイクのようにスロットルを使う訳ではなく、体を前に傾けることによって加速させることができるそうです。

逆に、ブレーキをかけたい時は、一応ハンドルにブレーキがが装備されているものの、体を後ろに傾けるだけでも止まることも可能!

ちなみに、駐車したい時は下画像のように前に倒しておきます

Ryno-One-Wheeled-Electric-Scooter-2

気になる価格は約34万円!

思ったほどは高くないです。ライバルは、海外では警察や警備のパトロールなどにも採用されているセグウェイ。日本でもゴルフ場のカート変わりに導入している所もあるみたいです。
 


 

残念なのは、一回の充電で約16km、または1時間しか走れないところ。再度MAX充電するには、12VのDCチャージャーを使って約6時間もかかるので日常の足として使うのはちょっと無理そう・・・

Source Rynomotors via Wired

コメントを残す