Home /NEWS ルノー、東京モーターショー...

ルノー コンセプト

ルノー、東京モーターショー出展概要を発表

ルノーは、11月20日から東京ビッグサイトで開催される第43回東京モーターショー2013の出展概要を発表しました。出展されるのは、EVスポーツカー デジール「DeZir」、ルーテシア スポール(本国名:クリオ)、メガーヌ スポール、新型カングー、そしてまだ明かされていない1台とのこと。

気になるのは、そのもう1台。サイクル・オブ・ライフの第2弾として「EXPLORE(冒険)」をテーマにした新型モデルが公開されるとのことですが、車名はまだ明かされていません。しかし、2013ジュネーブ・モーターショーで市販型が発表された「キャプチャー」だろうとこと。

ルノー キャプチャー「CAPTUE」

ルノー キャプチャー Captue 新型車
 
キャプチャーは、日産ジュークと同じプラットフォームを採用したコンパクトSUV。全長4,120mm×全幅1,770mm×全高1,570mmのボディに、エクステリアはクリオにも似た迫力あるフロントマスクと力強いフォルムを採用。デザインはローレンス・ヴァン・デン・アッカー。10色のボディカラーとボディカラーと同じ10色のルーフカラー、そして5種のルーフデカール(未選択も可能)の中から自由に組み合わることが可能。ちなみに欧州では既に発売されています。

ルノー デジール「DeZir」

ルノー デジール EV 電気自動車
 
日本初公開されるデジールは、「LOVE(愛)」というテーマでデザインされた2人乗りのEVスポーツカーのコンセプトモデルで、ご覧の通り、左右のドアが前後別々に開くという変わった仕様になっています。このデジールは、以前マツダのデザイン本部長として「流(NAGARE)」などのコンセプトカーを担当したローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏がルノーに移籍して手掛け、ルノーの新デザイン戦略第1弾となったモデル。

ルーテシア ルノー スポール、新型カングー、メガーヌ ルノー・スポールも

ルノー 新型車
 
その他、新型ルーテシア ルノー・スポール、新型カングー、ニュルブルクリンク最速の前輪駆動車からスペックを受け継ぐメガーヌ ルノー・スポールなどの市販車も出展されるとのことです。
 

コメントを残す