Home /NEWS 泥沼にハマったまま放置され...

サッカー ポルシェ パナメーラ

泥沼にハマったまま放置されたポルシェ パナメーラを発見!

イングランド中部ダービーのプライドパーク近郊の森林の中に、泥沼にハマったまま放置されているポルシェ パナメーラを、たまたま通りかかったマウンテンバイカーが発見しました。
 

サッカー ポルシェ パナメーラ

サッカー ポルシェ パナメーラ

ポルシェ パナメーラの所有者は!?

後に、このポルシェ パナメーラは、イングランドのサッカーチーム、ダービーカウンティFCに所属する選手で、イングランドのU21代表でキャプテンを務めるアンドレ・ウィズダム選手が所有する車と判明しました。

アンドレ・ウィズダム選手は、クラブのスタジアムであるプライドパーク スタジアムにポルシェ パナメーラで向かっていた際、ナビの指示通りに走行したのにもかかわらず、何故か森の中に入り込んでしまったとのこと。そして、そのまま走行しているうちに泥沼にハマり動けなくなってしまったそうです。

アンドレ・ウィズダム選手は、最近イングランド北西部に本拠地のあるリヴァプールFCからダービーカウンティFCにレンタル移籍したばかりで、土地勘がなかったとのこと。

輸入車のナビがイマイチなのは有名ですが、日本仕様だからって訳ではないんですね。やっぱり海外でも馬○だった・・・
やっぱりナビは日本メーカーのが一番ですね。それかGoogleマップナビ。自動車メーカーさんは、Googleと、うまく提携してナビを安くしてほしいです。純正ナビ高すぎますよ。未だに20〜30万て・・・

それにしても20歳で2000万以上するポルシェパナメーラ ターボに乗って、しかもそれを乗り捨てて行けるほどって凄いですね。y_sだったらポルシェの側から絶対はなれません! その前に未舗装の道には入らないか

コメントを残す