Home /NEWS ポルシェ911タルガ復活!...

ポルシェ911 タルガ 外車 新型車

ポルシェ911タルガ、パテント登録の公開により外観イメージが明らかに

ポルシェ911(991型)のバリエーションモデルとしてラインナップされるタルガトップバージョン、ポルシェ911タルガの姿が、発見された意匠登録の公開資料から明らかになりました。

ポルシェ 911 タルガ 外車 新型車

ポルシェ 911 タルガ 外車 新型車

ポルシェ911タルガのデザインは、1960年代当初、安全性の問題からオープンボディの車が市場から撤退したことに対する解答として、ポルシェから現れた新しいオープンカーのスタイルでした。その懐かしいスタイルが、ポルシェ911に復活します。

近年まで生産されていた、ポルシェ911タルガは、タルガとの名称でしたが、実質はガラスルーフがスライドする仕様となっているものでした。しかし、今回の発見では本来のタルガ仕様で、以前スパイショットされている姿そのものでパテント登録されていました。

このポルシェ911タルガは、ルーフ部分の開閉は電動となり、パワートレインの展開も2種類
・ポルシェ911タルガ:最高出力350psの排気量3.4L 水平対向6気筒エンジン搭載の標準モデル
・ポルシェ911タルガS:最高出力400psの排気量3.8L 水平対向6気筒エンジン搭載のSタイプ
更にそれぞれの四輪駆動バージョンがラインナップされることになるそうです。

最近の、オープンボディを持つ車は、転倒時の乗員保護のため、固定式の小さなロールバーや、転倒時に角度を感知してロールバーが飛び出す方式など多くありますが、オープンボディの強度アップや、安全性、重量、構造等を考えるとタルガトップによる優位性が有る?ために再検討されて要るのかも知れません。しかも、このモデルによって、ボクスターとの差別化もできそうです。

[Source AUTOMOTO

コメントを残す