Home BODY TYPE 炎上事故で使用停止要請が出...

ポルシェ911GT3


ポルシェ911GT3、販売済み全車のエンジンを交換!
991型 ポルシェ911GT3で原因不明の炎上事故が多発していたことで、ポルシェから異例な使用停止要請が出されていましたが、その後に原因が明らかになり、販売済み全車両のエンジンを交換することになったと AutoGuideがリポートしています。※トップ画像はスイス北東部の高速道路上で原因不明の炎上事故を起こしていた時のもの
Space
この炎上事故の原因は、ポルシェ911GT3のエンジンのコネクティングロッドの取り付け金具と判明、検証中でしたが、その解決策として、販売済み車両のエンジンを交換するということが明らかになりました。現在のところ改修日程までは発表されていませんが、すでにディーラーから連絡を受けているオーナーもいるようです。

ポルシェは、今回の件についての「最優先事項は、お客様へのご迷惑を最小限にすることである」と述べており、エンジン交換のみならず、影響を受けた所有者に対して、何らかの補償を行う考えもあるとリポートされています。

ちなみに、日本でのデリバリーは2014年2月に始まり、現在までの登録台数は約40台とのことです。

Source AutoGuide

コメントを残す