Home /NEWS プジョー ガソリンハイブリ...

プジョー 208 ハイブリッド車 圧縮空気エンジン

プジョー 圧縮空気ハイブリッド車を2015年までに実用化へ

プジョーは、先日行われたフランクフルトモーターショーでコンパクトカーで主力車種となる、プジョー208「Peugeot 208 」ベースとしたハイブリッドコンセプトモデル、プジョー 208 ハイブリッド FE コンセプト「Peugeot 208 HYbrid FE Concept」を公開しましたが、プジョーは更なるハイブリッド技術、圧縮空気ハイブリッドの開発に取り組んでいると英国のメディアがレポートしています。(画像は208ハイブリッド
Space

プジョー ハイブリッドエアー技術

プジョーは高価なバッテリーよりも圧縮空気を使った方が、プジョー208のような軽量な車には優れた経済性のある車を生産ができると考え、2015年までの実用化に向け開発を進めているとレポートされています。プジョーは2015年までは発売はないとしていますが、しかしそれが販売された時優れた環境性能、現在のガソリンハイブリッドシステムよりも効果的なシステムだと言います。

プジョー 208 ハイブリッド車 圧縮空気エンジン 2

プジョー 208 ハイブリッド車 圧縮空気エンジン 3

現在のガソリンと電気モーターを使ったハイブリッドのように、パワートレインは男子制御となり、走行中は最もふさわしい方法で走行し、圧縮エアタンクは油圧ポンプによって補充されます。圧縮空気ハイブリッド車は、プジョー208ハイブリッドFEのデザイン要素以外は、現在少しも入れる計画はなく、全く別物となるであろうとしています。(画像は208ハイブリッド)

圧縮空気技術を使った車

圧縮空気を使ったシステムは、新しい考えではありませんが、スピードが出ない、圧縮空気の圧力に耐えられるエアタンクの量産が課題でしたが、プジョーは軽量エンジンと「blade(ブレード)」と呼ばれるカーボン繊維カーボン繊維や複合素材等を使用し、プジョーの将来のために研究されているとレポートされています。

コメントを残す