Home /NEWS プジョー 208に、新型パ...

プジョー 新型車 外車

プジョー 208に、5ドアに新型「Pure Tech」搭載を発表

プジョーは、同社のコンパクトカーの”208″の5ドアモデルにも、新型「Pure Tech」搭載したモデルを発売開始したと発表しました。この「Pure Tech」とは、1.2リッター3気筒エンジンにストップ&スタート機構と新型トランスミッション「ETG5(5MTベースのセミAT・AMT)」のパワートレーン総称を指すとのことです。従来の1.6リッターからダウンサイジングし、4ATからトランスミッションも新型になったことで、JC08モード燃費は19.4km/Lと言う低燃費を実現しています。

プジョーの考えるダウンサイジング

今回搭載グレードが増えた、1.6リッターから1,2リッターにダウンサイジングされたエンジンは、世界的な流れとは少し違うエンジンです。その大きな違いはダウンサイジングしてターボ等の過給器をつけると言うものではなく、純粋に気筒を減らしてダウンサイジングしていると言う所です。

プジョー 新型車 外車

はっきり言ってしまうと、ダウンサイジングしても、今までのモデルよりもパワーもトルクもあって、低燃費です。と言うわけではなく、パワー・トルクはそれなりです。と言うわけです。プジョーは当然そこは考えていてローギアードの新型トランスミッション「ETG5(5MTベースのAMT)」を装備し、低燃費に加えトルク感を出そうとしていると思われます。

発売当初は、プジョー208マニュアル専売モデルだっただけに、低排気量をマニュアルでキビキビ走るコンパクトと言う意味でなるほどと思っていましたが、5ドアモデルのAT(正確にはセミAT・AMT)モデルに採用となると、かなり「ETG5(5MTベースのセミAT・AMT)」が性能が高く、自信のあるトランスミッションなのではと思われます。実力のほどはいかに。

尚、価格は3ドアモデル『Allure』が202万〜212万円、5ドアモデル『Premium』『Cielo』が216万〜240万円となっています。

[Source PEUGEOT]

コメントを残す