Home /NEWS アップルはテスラを買収すべ...

テスラモーターズ アップル

アップルはテスラを買収すべき!という銀行アナリストの書簡が話題に

独ベレンベルク銀行のアナリスト、アンダーン・アハマド氏が、ティム・クックCEO宛ての公開書簡で、”アップルはテスラモーターズを買収すべき”と呼びかけたという。

米ビジネスニュースCNNのリポートによると、アハマド氏は書簡の中で、今のアップル社は「iPhoneで利益を生み出していけるかどうかにかかっている」と指摘。モバイル分野だけでなく、自動車産業へ参入し増収を図るべきだとアドバイスしたという。また、テスラモーターズCEOで宇宙輸送会社スペースXやオンライン決済会社paypalの創業者でもあるイーロン・マスク氏のカリスマ性を評価し、同氏をアップル社に取り込むことでスティーブ・ジョブス氏が亡くなり、勢いを失いかけているアップルの勢いを取り戻せると綴っています。

実際にアップルの創業者で、iMac、iPhone、iPadといった革新的なデバイスを世に送り出し、惜しまれながら2011年の秋に亡くなったスティーブ・ジョブズ氏は自動車に興味を持っていたとアップル社ディレクターも語っていました。それによれば、ジョブズ氏は将来アップルが洗練されたデザインの自動車を開発することを夢見ていいたそうです。

アップルのディレクターよれば『米国の自動車産業を見てほしい。悲惨な状況だ。自動車をデザインしているのは誰なんだ』・『スティーブの生前の夢は iCar を開発しデトロイトに挑戦したかったんだ』と語っています。

現在、テスラモーターズは新型車テスラ モデルSの販売も好調が伝えられており、先日もパナソニックとの電池供給契約を契約途中にもかかわらず5倍に増量し契約延長をしています。

その他、テスラ モーターズはトヨタ自動車と電気自動車の共同開発を行う業務提携契約を結ぶとともに、アップル最大のライバルでもあるGoogleの設立者であるサーゲイ・ブリンとラリー・ペイジの両名も多額の投資をおこなっています。

そういった事を考えると実際は難しいのかもしれませんが、アップルとテスラのコラボは非常に見てみたい物ではあります。

コメントを残す