Home /NEWS コンビニに突っ込んだ車と記...

ツイッター 炎上 コンビニ 自動車保険

コンビニに突っ込んだ車と記念撮影→ツイッター投稿→炎上

愛媛県西条市で、コンビニエンスストアに乗用車が突っ込み、店内にいた女子高校生1人が割れたガラスで足などに軽いケガをすると言う事故がありました。この事故があったのは、愛媛県西条市氷見のローソン西条氷見小松店で、現場にいた若者がその店内の様子を、突っ込んだ自動車や散乱した商品と共に、自身のツイッターに投稿した所、お約束とも言える炎上(インターネットのブログ等で、何らかの不祥事をきっかけに爆発的に注目を集める事態や状況の事)しました。

愛媛のコンビニ事故の様子が他の人のツイッターでも写真投稿され、巻き込まれることに

このコンビニに突っ込んだ乗用車とコンビニの様子が、近くに住んでいると思われる人が、画像投稿することにより、さらに騒ぎは大きくなり、現在は写真は削除されていますが、インターネット上で顔が写っている写真が出回ってしまっています。

こういう点はモラルの問題だと思いますが、事故等の他人の不幸をあざ笑うかのような行動は、正直こんな騒ぎになっても仕方ないと思います。こんな事があったと友人等に説明するために撮る程度なら仕方ないとは思いますが、不特定多数の人間が自由に閲覧できるWEB上にあげるとは、論外としか言い用がありません。まあ、自業自得と言った所でしょうか。それとも、逆に目立って喜んでいるのでしょうか?既にその投稿された画像のツイート先(消えていますが)→https://twitter.com/xs_saru/status/395502648041820161

ツイッター 炎上 コンビニ 自動車保険

ツイッター 炎上 コンビニ 自動車保険

コンビニエンスストアに自動車で突っ込んでしまった場合どうなるのか?自動車保険は効くのか?

話は少しそれますが、このような事故はAT車の普及のせいだけではないと思いますが、良く聞きます。アクセルとブレーキを踏み間違えたと言うのが一番多いですね。最新の自動車には前に障害物があるときの急な踏み込みにはブレーキがかかって事故を防げるなんてシステムを搭載している車もあったりします。個人的にはそこまで?と思いますが。

そして、このような事故の場合の自動車保険ですが、先に結論を言うと、保険会社にかかわらず、基本的には全て自動車保険にまかなわれます。基本的にと言ったのは、対物保証を無制限にしてなく金額が足りない場合・故意と思われる場合は完全にまかなわれるわけではないからです。

私有地だから自動車保険は効かない?

良く耳にするのが、自動車保険は私有地では効かないのでは?と言うことですが、日本の道路には、公道と、私人が自己のものとして設置・管理し、本来の目的・あるいは事実上一般の交通の用に供されている私道があります。この区分けで言えば、コンビニ駐車場は私道になります。一般の車両も歩行者も自由に入ることができない場所以外は、道交法的には公道と同じ扱いになります。なので、自動車保険が道路上の事故と同じように扱われるということです。

駐車場は私有地だから自動車を無免許運転してもいい?

別件ですが、スーパーの駐車場等も同じです。逆に言えばそのような場所を封鎖して入ることが出来なくして、所有者の許可を得れば完全に私有地となりますので、サーキットや教習所のように無免許で運転することができます。ですが、想像はついてると思いますが、普通の自動車保険は効かなくなります。ですから無免許でも駐車場だから大丈夫!と言うのは厳密にはアウトなわけです。まあ、その辺りは正直グレーなところでもあるのですが。

とりあえず、ローソンに車展示しだしとる!爆笑とか言ってる場合じゃありませんよ(笑)三輪車からやり直したほうがいいですね彼らは(笑)

コメントを残す