Home /NEWS 首都高、渋滞緩和に新システ...

首都高速

首都高速道路株式会社は、10月31日の定例会見で、新交通管制システムの導入について説明を行いました。

新交通管制システムAISS ’13(アイス イチサン)は、首都高の3地区(東京西地区、東京東地区、神奈川地区)を初めて統合運用可能にしたもので、従来のAISS ’09(東京西地区、東京東地区)、システム01(神奈川地区)を統合して、災害に対応するためのバックアップ・センターを設けました。
11月6日の早朝には新システムへの切り替えを行い、今後は事故発生からの経過時間情報や通行止め時は迂回ルートの情報、また、混雑状況を文字情報板で提供できるようになります。首都高速株式会社の菅原社長は、首都高の事故処理はおよそ50分程度といい、事故発生からの経過時間が短ければ渋滞が伸びると予測することが可能となり、逆に50分に近ければ間もなく解消するといった予測ができることになると説明しました。

首都高速

首都高速

尚、11月19日20時には、大井JCT(ジャンクション)湾岸線(西行き)→1号羽田線(上り)の連結路が閉鎖となり、今後利用できなくなります。この区間が閉鎖となると渋滞の発生が予想されるところですが、1日1000台程度と交通量も少なく、11号台場線など迂回路も複数あることから、大きな問題とはならないという見方を示しています。また、この大井JCTに接続する中央環状品川線の工事の進捗も順調であるとし、当初の予定より1年延びたものの、現在、2014年度の完成を目指しています

コメントを残す