Home /NEWS 自動車カタログ燃費はもう偽...

toyota-aqua-燃費

自動車カタログ燃費はもう偽装のレベル?

昨今の自動車は低燃費をコンマ数キロで競っている車種も増え、低燃費を全面的に推しハイブリッド車を含めてカタログ燃費に力を入れている事も多いのも事実です。(TOP画像はハイブリッド車のイメージ

そんな低燃費争いの中、トヨタのアクアが2013年のマイナーチェンジで37.0km/Lと、ホンダのフィットはブリッドを抜いて一位の座に返り咲きました。ですが、これは当然カタログ上の燃費で、約60万人の会員が走行距離や給油量を投稿し、走行燃費数値を実燃費数値を比較する『e燃費』によりますと、トヨタのアクアはカタログ燃費が、35.4〜37.0km/Lに対して実走行燃費の平均値が20.95km/Lと数値にはかなりの隔たりがあることが分かります。乖離(かいり)率(平均値との離れ具合を示す)は40.8〜43.4%となっています。

ホンダ フィット 燃費

また、ホンダのフィット(ハイブリッド含む)はカタログ燃費が20.0〜36.4km/L、前記のサイト情報ですと実走行燃費は17.35km/Lと、かいり率は13.3%〜52.3%となっているそうです。

低燃費車ほどカタログ値と離れていく

カタログ値とここまで離れていルト、偽装や誇大広告ともとられかねない数値です。これに対し自動車業界も何もしなかったというわけではなく従来まで使われていた”10・15モード”より更に実走行パターンに近づけるべく、新しく2012年4月より”JC08モード”を使用しています。

ですが、日本自動車工業会は、2013年5月に、全車を平均した実走行燃費は、カタログ燃費に対して10・15モードの場合で約3割、JC08モードで2割低いことを明らかにしていルトのことです。

低燃費車はほどこの傾向は強まり、カタログ数値が30.0km/Lを超える自動車の実走行燃費はカタログ燃費の6割以下。低燃費車程広がる要因のひとつは燃費計算で考慮されない電装品の影響が大きいとの事ですが、それでは電気使うなと言うことでしょうか?

もちろん今になって初めて出た問題ではありませんし、特定のメーカーだけのことではありませんが、さすがに30km/Lとうたっている車が20km/Lも走らないとなったら、これは誇大広告と言われてもおかしくない気もします。何かしら対策うたないと、数値ばかり追っていく不毛な争いになるだけな気がしてなりません。

Source:j-cast

コメントを残す