Home /NEWS 道を間違えたから。86歳男...

高速 逆走 自動車事故


1月13日の午後8時45分頃、名神高速道路上り線で走行車線を走っていた乗用車が突然Uターンし、追い越し車線を約20メートル逆走し、後ろを走っていた軽乗用車と衝突すると言う事故がありました。ケガは無かったとのことです。(画像は記事とは関係ありません

大阪府警高速隊によると、Uターンしたのは香川県観音寺市在住の86歳の男性で、知人女性を乗せて自宅を出発後、瀬戸大橋を通って帰路に付く予定でしたが、道に迷って何と約200キロも東の事故現場まで来てしまい、道を間違えたことに気づいてUターンすれば戻れると思い、Uターンをし、後続車両と衝突したとのことです。

幸いにも後続車両の運転手が、避けた為、互いの車の右フロント部分がぶつかって、車両の損傷のみで、後続車両の運転手・Uターンした運転手、それぞれの同乗者にケガはなかったそうです。

この事故に対し、ネットの反応

「こういう時ってどうすりゃいいんだ。俺は爺って年齢じゃないがもし間違えたらすぐ引き返しそうな気がする」
「こういうのに遭遇経験のあるワイ、笑いごとではない」
「昭和30年ごろなんて試験場でちょっと運転して免許交付とかやからな。道交法なんてたぶんしらんで」
「間違ったんやからしゃーないやろ。あんま責めたるなよ」
「こんなもん避けれる方が凄い。全盛期イチロー並みの動体視力だろ。俺はパニックになって驚いてるうちにお陀仏する自信ある」

など、さまざまな意見がありますが、対応策は非常に難しいと考えられます。年齢だけの問題でも無い気もしますし。良くケガがなかったなとホント思います。

ちなみに、筆者も片側2車線の分離帯のある国道で、走行車線を走っていたら、乗用車とすれ違った事があります(汗)あのあと、あの車は一体どうなったのか・・・

Source :msn via http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1389664179/

コメントを残す