Home /NEWS 高速道路の平日3割引は20...

高速道路

高速道路の平日3割引は2014年度から廃止

国土交通省は、高速道路の料金割引制度について、2014年度から平日の午前9時から午後5時まで東京・大阪などの大都市部を除く地方路線で、ETCを使って通行した車を対象におこなわれていた料金3割引きを廃止する方針を固めました。

国交省が平日割引を検証したところ、並行する一般道の渋滞解消にはつながっておらず、明確な効果が見られないことから、廃止が妥当と判断。

また、現在、深夜を含め全ての時間帯で料金が3割引き以上となっているため、利用者は値下げを実感しにくいため、昼間の料金を元に戻すことで、他の時間帯の割引効果を高めるとのこと。

各社の減収分は国費で賄っていたが、今年度で財源がなくなることから制度の存廃を検討していました。

それに対するネットユーザーの反応

 
『ひどい理由付けだな』

『運送会社あぼーん 遅配増』

『またインター前で時間稼ぎするヤツが増えるのか』

『思考が楽天優勝セール並みだな』

『こんなの廃止して構わん。都会に住んでると何の恩恵も無い。』

『3割じゃ足りない、ってことだよ。何で半額にまでもっていかない?』

『インターまで行ってる間に目的地まで行けるしな』

なんて意見も。たしかに田舎だとあまり高速使う意味が無いんですよね。その他、

『ほんまこの国は公務員による公務員のための政治やで。』

『理由がどう考えてもおかしいやろ。
それやったら日曜なんか一般道渋滞してないのに、割り引く必要がない。
曜日にかかわらず一律に値段下げるか、土日もなくせ。
土日に一生懸命働いてる物流の会社が困るだろ。
土日休める公僕にはまた手厚い待遇か。
ほんま公僕は糞。』

との意見も。個人的にはとりあえずは無駄使いされてる所をどうにかして欲しいです。東電社長と会長の給料とか・・・
 

コメントを残す