Home /NEWS 初代マスタングとボルボ ワ...

フォード マスタング  ボルボ



マスタングとボルボがマリアージュ!

1966年型の初代フォード マスタングに、ボルボ240DLワゴンのルーフパネルとハッチを合体させたユニークな車が米国インターネットオークションサイトのeBayで販売されているとMotorAuthorityがリポートしています。

そもそも、この車はマスタングを復元するアメリカ人のプロが、20年間愛用してきた8気筒マスタングをモーターショー用にカスタムしたもので、カスタマイズには総額12万ドルも掛かったそうです。

ボンネットの下には、ダッジバイパーのV10エンジン(8300cc)とほぼ同じ排気量となる514キュービックインチのV8気筒エンジンを搭載し、 ATミッションを搭載.ステアリングなども標準よりスポーティーにカスタマイズされ、走行距離は完成してから約200マイルで、入札価格は 35100ドル。しかし残念なことに既に、このオークション終了してしまっています

フォード マスタング  ボルボ

ミッドナイトパープルメタリックで豪華にカスタムペイントされたこの車、ロングボディ且つロープロファイルでうまく成立したように見えます。

ですが、見方によっては霊柩車のように見えてしまうのも事実です。
Source MotorAuthority

コメントを残す