Home /NEWS 東京モーターショー2013...

東京モーターショー 新型車

東京モーターショー2013閉幕

2013年11月22日(金)より12月1日(日)まで江東区・東京ビッグサイトにて10日間開催されていた、第43回東京モーターショー2013が閉幕しました。主催の一般社団法人 日本自動車工業会により、2年前に開催された東京モーターショー2011と比較して7%上回る90万2800人の来場があったと発表されました。

世界初公開・日本初公開の新型車

今回の東京モーターショー2013では、世界12ヶ国から合計178社・181のブランドが出展、車両部門全体ではワールドプレミア76台・ジャパンプレミア81台が出展されました。国内外問わず、注目されたモーターショーとなったことは間違いないでしょう。

日本からもトヨタ アクアのオープンカーバージョンの、アクア エアーコンセプトや、ホンダの次期ビートとされる、S660、そして市販化目前のフィットベースのSUVタイプハイブリッド車の、ホンダ VEZEL。更に市販化が決定しているスズキの新型車ハスラー。他にもトヨタからもうすぐ発売となるノア&ヴォクシーハイブリッドスバルから世界初公開となったレガシィ後継車種とも言えるレヴォーグ。等、沢山の注目車両が公開されました。

ホンダ 次期ビート s660 新型車

ホンダ 新型車 フィット VEZEL ヴェゼル

スズキ 新型SUV軽自動車 ハスラー 東京モーターショー

トヨタ 新型車 ヴォクシー 東京モータショー

スバル レヴォーグ 新型車 LEVORG

東京モーターショーに対する来場者満足度

数々の目玉車両が出店された、今回の東京モーターショーに対する来場者満足度も90.1%と前回の86.3%を上回る結果となり、次回のモーターショーに繋がる結果となりました。

次回のモータショーは2年後の2015年秋、東京ビッグサイトでの開催予定です。

コメントを残す