Home /NEWS マクラーレンホンダの新スポ...

マクラーレンホンダ F1

マクラーレンホンダの新スポンサーは日本企業!?

イギリスのジャーナリストで、2012年からホンダはF1に復帰すると示唆していた、ジョー・セイウオード氏のレポートに寄ると、「2015年にF1に復帰する」と、

2013年5月にホンダは発表しましたが、そのマクラーレンホンダの新しいメインスポンサーはどこであるか、まだ発表されていません。しかしそのメインスポンサーは日本企業であると、2012年からホンダはF1に復帰すると示唆していたイギリスのジャーナリスト、ジョー・セイウオード氏のリポートしています。

現在までのメインスポンサーは、ソフトバンク以前、日本でもサービスをおこなっていたイギリスに本社を置く世界最大の多国籍携帯電話事業会社ボーダフォンです。しかし関係は今シーズン限りとなっており、しかも、それに変わる新しいスポンサーの名前は公表されていません。

ジョー・セイウオード氏は「私は9月にマクラーレンホンダのメインスポンサーがどこになるのかという情報をつかんでおり、すでに自分が発行するメールマガジンにだけ書いた」

「会員だけが知る権利があるから、新スポンサーがどこなのかは教えることはできない。日本のモータースポーツファンのために、これだけは教えよう。そのスポンサーは日本企業だ」とセイウォードは語る

一方でエンジン開発は順調に進んでいるようで、10月にはウエブ上でそのエンジン音を公開しています。このメインスポンサーがどこなのか、安定してスポンサーを続けてくれるスポンサーなのか、もしこの情報が事実ならば、日本人ファンとしては喜ばしい限りで、2015年が待ち遠しく想われます。

それに対しネットユーザーの予想は

『ソフトバンク』『ユニクロか』『ホンダ・ユニクロ・マクラーレン 』『ボーダフォン→ソフトバンクで間違いないだろ』『ソニー・マクラーレン・ホンダ』『キヤノンは昔スポンサーしてたよな』『トヨタかも』

と、色々な意見が出ていますが、以外だったのは『トヨタ』との意見が多かったこと。

マクラーレンホンダ スポンサー予想

ユニクロの可能性

ユニクロ F1
 

ファイナンシャルタイムスによると、ユニクロは、中国・香港・台湾・シンガポール・マレーシア・タイ・フィリピンなどでの事業は好調ですが、アメリカの店舗が営業損失から抜け出せず、ヨーロッパ(英、仏、露)の店舗はほぼ破綻しているとのこと。(ファイナンシャルタイムス)

F1はヨーロッパでの人気が高いことを考えると、ありえそうな気がします。

ちなみにユニクロは長野オリンピック、ソルトレイクシティオリンピック、アテネオリンピックとオリンピックの開会式や移動用の日本代表公式ユニフォームの提供をおこなっています。

キャノンの可能性

キャノン F1
 

キャノンは、1985年〜1993年の間、ウィリアムズF1チームのタイトルスポンサーを務め、2009年にもブラウンGP(2009年シンガポールグランプリのみスポンサー)もしています。 キャノンは既に世界レベルでそのブランドイメージが定着してはいますが、最近はスマートフォンのカメラ機能の性能がドンドン上がり、エントリークラスのカメラは伸び悩んでいるとも言われています。(一眼カメラは好調)
その辺りを考慮すると十分にありえそうです。

ソニーの可能性

ソニー F1
 

ソニーの平井一夫社長は世界6位以下にとどまるスマートフォンの販売シェアについて、3位の実現を目指すことを明言しています。実際先日の発表では国内ではAppleのiPhoneに続く2位。 英・独・仏などの西ヨーロッパでは、2位のAppleに迫る3位となっています。(2013年Q2)

しかし、韓サムスンはシェア45%以上のシェアでダントツ1位。

ソニー平井一夫社長は、「日本と欧州のシェアを確実に守って、増やしていくことが最優先の課題」と述べ、得意とする市場を着実に固めていく考えを示しています。

その他、家電・エンターテイメント関連の事業も世界中で展開している事を考慮すると欧州で人気が高く、なおかつ世界中にも多くファンのいるF1のスポンサーはありえるのかもしれません。

その他の日本企業の可能性

ネットユーザーの予想では、ソフトバンク・楽天・ワタミ(居酒屋大手)・マルハン(パチンコ大手)・ニンテンドーなど様々な予想がされています。※ギャグも含め

現在のスポンサーがボーダフォンなので、ボーダーフォン→ソフトバンクはしっくりきますが、買収したスプリントネクステルは米国企業。まずは低迷しているスプリントの業績回復をしなくてはならないソフトバンクとしては、欧州で人気のF1よりも、米で人気のNFL(アメリカンフットボール)などのスポンサーになった方がはるかに米国での広告効率がいいことを考えるとなさそうなきがします。

しかし、孫正義氏ならその後を見据えて・・・ という可能性もあるのかもしれません

と、言うかドコでもあり得るので、よくわからなくなってしまいました(笑)
しかし、個人的希望も含めるとソニーです。

コメントを残す