Home /NEWS マクラーレン、12Cの上位...

マクラーレン

マクラーレン、12Cの上位モデルP15を開発中!

マクラーレン社がMP4-12Cの上位モデルとなる「McLaren P15(マクラーレンP15)」を開発中である事や、現在が開発中のエントリーモデル マクラーレンP13にスパイダーやハイパフォーマンスモデルを計画中である事が英自動車メディアAutocarがマクラーレン社CEO:最高経営責任者 Mike Flewitt氏へのインタビューで明らかとなりました。

このマクラーレン社が開発中のマクラーレンP15については、12Cの上位モデルになる事以外はまだ一切不明であるものの、12Cと同じくカーボン製モノコックのシャシーに、排気量3.8L V8ツインターボ エンジンを改良したエンジンが搭載されるだろうとリポートしています。

マクラーレンP1の後継車やP13スパイダーやハイパフォーマンスモデルも

インタビューでは、現在が開発中のエントリーモデル マクラーレンP13のオープンバージョンとなるスパイダーやハイパフォーマンスモデルの設定が計画されていることや、マクラーレンP1の後継車を開発する可能性があることも示唆したとのことです。

下画像は以前撮影されたP13のニュルでのテスト走行のスパイショット

マクラーレンP13 新型車

マクラーレンP13 スパイショット

ポルシェ911・アウディR8などのライバルとなるマクラーレンの新モデル マクラーレンP13は、MP4-12CよりもP1に近いエクステリアに最高出力450hpの排気量3.8L V8ツインターボ エンジンが搭載、価格は120,000ポンド(約1900万円。英国での価格)程度で今年後半にワールドプレミアされた後2015年からリリースされる事になると言われています。

Source Autocar

コメントを残す