Home /NEWS マクラーレン650Sが大人...

McLaren-650s

マクラーレン650Sの需要に答えるため12Cの生産を停止!

2014ジュネーブモーターショーでワールドプレミアされたマクラーレンの新型車 マクラーレン650S と650Sスパイダー。マクラーレンは新型車650Sの高い需要に対応するため、マクラーレン12Cの生産を一時停止したとPistonHeadsがリポートしています。

650Sは約200,000ポンド、12Cは170,000ポンドでその差額は約3万ポンド(日本円約500万円)。普通に考えるとその差額で良い新車買えてしまう金額ですが、このクラスの車を買われる方々からすれば、170万円と200万円程度の差でしょうからね。

それならば相当のこだわり無い限り新型で、より高性能、そして顔もマクラーレンP1に似ている650Sを選ぶのは当然かもしれません。

マクラーレン650Sスパイダーを発表!

Geneva motor show 2014: McLaren 650S to offer McLaren F1-beating performance

ちなみにマクラーレン12Cは、生産を一時的に停止させたものの販売を停止させた訳ではないとのことです。

その他、2015年にリリースが予定されているマクラーレンの新型エントリーモデル(P13)は、12Cよりも価格を抑えた、13,000ポンド(約2,200万円)程度の価格になるだろうともリポートしています。

via WorldcarFans

コメントを残す