Home /NEWS 衝撃発言! マツダのCEO...

マツダ ロータリー RX-9 自動車 不可能

衝撃発言! マツダのCEOがロータリーエンジン搭載の新型車は不可能とコメント

マツダのスポーツカーであったRX-7、RX-8の後継車種、しいてはRX-9のようなロータリーエンジン搭載の新型スポーツカーの登場を心待ちにしていたファンも多いと思います。そこにきて、米国の自動車メディアAutomotive Newsのインタビューに置いて、衝撃的とも言える発言をしました。

マツダCEO ロータリーエンジン搭載の新型車(RX-9)は不可能

マツダが代々築いてきたロータリーエンジンの歴史は、クルマ好きな方ならい知らない方の方が少ないでしょう。小排気量で大きなパワーを発揮するこのシステムは、自動車税の税率までをも変えてしまう画期的なシステムの実用化、そしてその量産化は素晴らしいマツダの歴史の一つです。

そのマツダの社長兼CEOである小飼(こがい)氏が、米国の自動車メディアのインタビューで、「ロータリエンジン搭載の新型車は、現在のところ不可能。」と、マツダファンならずとも衝撃とも言えるコメントをしました。

商業的にみたロータリーエンジン

「メーカーサイドからみて、ロータリーエンジン搭載車で商業的利益をあげるには、年間10万台以上売り上げがなければいけない」ともコメントしており、現在の環境性能を重視した自動車社会の流れにおいて、低燃費で環境にも配慮することが非常に難しい、ロータリーエンジン搭載車は、現実的に見て厳しいとの判断でしょう。

マツダ ロータリー 自動車 不可能

事実、最後のロータリーモデルである マツダ RX-8は、最も売れた発売年でさえ、2万4000台弱の販売台数となっており、ここから10万台以上の売上台数を想像するのは非常に難しいと考えられます。

ロータリーエンジンの最後の希望

マツダCEOの小飼氏はこうも述べています。「ロータリーエンジンを市販化した唯一のメーカーといてマツダには責任がある」

マツダのプライドが垣間見えます。環境問題や燃費問題などを解決し得るロータリーエンジンの開発をマツダは続けるとのことです。ロータリーファンにはとても悲しい衝撃発言でしたが、またマツダからロータリーエンジン搭載のRX-9発売!となることを期待しています。

Source: Autonews Via: Autoblog

15 replies to this post
  1. 現在のところ、ってのがポイントですね。
    含み持たせて復活させるつもりでしょ

  2. ロータリーエンジンを開発研究してきたマツダがロータリーやらないのではマツダの車づくりの意気込みはどこに行きましたか。マツダさん最後まで頑張ってください。

  3. ハイブリット化するとか燃焼効率をあげるとかマツダならこれだ! という解決案を出せると思っていた・・・

    マツダはロータリーをあきらめるべきではないと思う・・・

  4. CX-5 アテンザ アクセラ と順調に右肩上がりで業績を伸ばしてる。アテンザ2.2Dを購入したが、素晴らしいできだった。利益を出す事も大事だ。しかし自分たちのルーツを大事にしてほしいマツダさん。攻めるべきだ

  5. ロータリー搭載者のスポーツカーが復活することを切に願います!!
    私は8にのっており8が大好きです!
    他の車にはないロータリーの孤高の無限性を現実化してください!!
    そして独自のデザインにも期待しています!

  6. 低燃費ではなく高燃費では?このブログ書いてる人頭悪いよね。円鼓動エンジンの記事でも算数間違えてるし

コメントを残す