Home /NEWS マツダ 次期ロードスターは...

新型車 マツダ ロードスター

マツダ 新型ロードスター

マツダが現在、アルファロメオ・スパイダーとプラットフォームを共用することを前提に開発されている、マツダ ロードスター「mazda MX-5」。当初は、先日開催された東京モーターショーでの公開も噂されていましたが、マツダの開発陣の強い拘りと、信念によってさらなる開発が進められています。そのマツダ ロードスターについて、ドイツの自動車メディアauto-motor-und-sportがレポートしています。(画像が開発車両)

マツダ 次期ロードスターは初代並に軽くなる!?

ドイツの自動車メディアauto-motor-und-sportのレポートによると、マツダのロードスターの開発は順調で、車両重量を現行モデル(1090〜1140kg)から大幅な減量をし、初代モデル(940〜1020kg)並の車両重量を計画しているそうです。

マツダロードスター アルファロメオスパイダー1 新型車

マツダロードスター アルファロメオスパイダー3

新型ロードスターは前のモデルを超えなければ、出す意味が無い。という、信念のもと、楽しさでも世界一をめざして開発されており、実現すれば、まさに有言実行となります。

スカイアクティブエンジンや、ディーゼル等のエンジンスペックも楽しみではありますが、やはりライトウェイトスポーツカーとして、ボディの軽量化はファンとしては喜ばしい事で、実現することを楽しみにしています。

参考記事
[次期ロードスター、ニュルでのテスト走行をキャッチ!しかし開発計画後ろ倒しに!]

[マツダ新型ロードスター 共同開発中の新型アルファロメオ スパイダー テスト車両をスパイショット!]

コメントを残す