Home /NEWS マツダ次期ロードスターの予...

マツダ ロードスター

マツダ 次期 ロードスターの予想デザインがメッチャかっこいい!

米自動車メディアCarscoop(Josh Byrnes)が公開した次期MAZDA MX-5 Miata(MX-5ミアータ)、日本名 マツダ ロードスターの予想デザインがメッチャかっこいいんです!

アテンザ・アクセラ・CX5が採用され、次期ロードスターにも採用されるマツダのデザインコンセプト、鼓動のイメージがうまく取り入れてます。

色々なアングルから見てみたい所ですが、残念な事に公開されたのはこれ1枚のみ・・・

それだけで1ページかよ!?って言われそうなので、今現在分かっている次期ロードスターに情報や噂をまとめてみました。

次期マツダ ロードスター情報・噂のまとめ

ボディは大型化するものの車重は1000kgを切る!?

ヨーロッパの歩行者衝突安全基準に合わせるために、フロントオーバーハングも延長され現行よりもボディは大型化するものの、ドイツ自動車メディア Auto Motor und Sportがマツダの藤原清志執行役員におこなったインタビューで、次期MX-5ミアータの車両重量を1,000kgまで軽くすることを計画中とコメントしていることから、現行のロードスターに比べ100kgもの軽量化を実現する?と思われます。

その上で、高張力鋼を使用することで剛性をアップ!

下画像は以前撮影されたニュルブルクリンクでのテスト走行。横から見るとオーバーハングが延長されているのが良くわかります

マツダ ロードスター 次期

ロードスター テスト走行

そこまでの軽量化を実現するため、現行のロードスターで採用されている電動開閉式のハードトップは廃止され、ソフトトップに回帰するとも言われています。しかし、電動開閉式のハードトップは欧米での需要も多い事からソフトトップと2タイプを設定するとの噂も。※ソース元によって情報が異なる

ロードスターの燃費は?

次期ロードスターのエンジンには、新型のマツダ アクセラに搭載されている、排気量2.0Lか1.5LのスカイアクティブGエンジンを高回転を重視したものを搭載すると言われています。また、実用化されていない排気量1.8LのスカイアクティブGを開発している為にスケジュールに遅れが出ているとの噂も。

仮に新型アクセラに搭載されている2.0L、または1.5LのスカイアクティブGが採用された場合、それよりも300kg近く軽量な次期 ロードスターの燃費は、ほぼ間違いなくリッター20kmの大台にのり、リッター25kmなると思われます。(リッター30km近くも視野に入る?)

のガソリンエンジン車が車重(1.3t前後)で約リッター19km(1.5L・2.0Lともに)なので、それよりも300kg近く軽量な次期 ロードスターの燃費は、ほぼ間違いなくリッター20kmの大台になり、30%リッター25kmくらいも!?)

ロードスターの発売時期は?

次期マツダ ロードスターの発売は、3月のジュネーブモーターショーでの発表が有力視されていましたが、開発が遅れている事が伝えられていることから3月は無さそうです。その次に有力は発表時期については2説あり、1つは今年の秋に発表すると同時にスペック・価格などを公表し、同時に予約受付けも開始するとの噂と、もう1つは2015年の2月のシカゴモーターショーで発表されるとの噂があります。

なんにせよ、発表まで長くて1年。もう少しの辛抱です(笑)

Image Source:Carscoop.Autoevolution

1 reply to this post

コメントを残す