Home /NEWS マツダ ロードスターを一部...

マツダ ロードスター一部改良 自動車

マツダ ロードスターを一部改良 装備の見直し等

マツダは12月6日、ライトウェイトスポーツカーであるロードスターの一部改良を行い、同日販売開始したと発表しました。今回の改良は、マツダロードスターのユーザーサイドの要望に答えて、車両の装備の見直しや変更などを行っています。

マツダー ロードスター 一部改良概要

レカロ「RECARO」社製のバケットシートを(アルカンターラ/本革、シートヒーター付き)を、アルミホイールとのセットオプションから、単独オプションに変更(価格は両席で16万8000円)。ステアリングシフトスイッチを、ハードトップ車のエントリーグレードであるRHTのエントリーグレードS RHT にも標準で装備しました。

マツダ ロードスター一部改良 自動車 2

ソフトトップ車のルーフ生地をビニール素材からクロス/ブラックに変更し、ハードトップ車全車とソフトトップ車の上位グレード(RS)にフォグランプを標準装備しました。

更に、横滑り防止機構のDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム)とTSC(トラクション・コントロール・システム)を、S RHT に標準装備されました。

尚価格は、ソフトトップ車(S、NR-A、RS)で233万1000円〜262万5000円。パワーリトラクタブルハードトップ車(S RHT、VS RHT、RS RHT)が、273万円〜294万円となっています。

コメントを残す