Home /NEWS 新車試乗会で自動ブレーキシ...

新車試乗会 事故 CX-5

マツダのCX-5 新車試乗会で自動ブレーキシステム作動せず事故に

11月10日、埼玉県深谷市で開かれたマツダの新車試乗会で、車(CX-5)に搭載された自動ブレーキシステムが作動せずにフェンスに衝突する事故があり、乗車していた客の男性ら2人がけがをしました。

新車試乗会 事故 CX-5

マツダ CX-5 自動ブレーキ不作動事故 概要

この事故で、車を運転していた男性客(39)が頸椎捻挫するなど軽いけがをしたほか、助手席に登場していたマツダの男性販売員(22)が腕の骨を折る重傷を負いました。自動ブレーキシステムを体験するため試乗したさい、障害物として前方にあったウレタン製のマットを、システムが何らかの理由で認識しなかったため、自動ブレーキがかからずそのまま先にあるフェンスに突っ込んでしまったとの事です。

自動ブレーキ作動せず・・・新車試乗会で客ら2人重軽傷(13/11/11)

この事故が起きる前に同じ車に試乗していましたが、その際には問題なく自動ブレーキシステムは作動していました。マツダによると、時速4〜30キロのシステム適応速度の範囲外や、運転状況によっては、システムが作動しない可能性があるとのことです。

この事故をうけ、マツダの広報担当は「現在、詳しく確認をしている最中なので、コメントは差し控えたい」と話しています。

コメントを残す