Home /NEWS マセラティ初のSUV、レヴ...

マセラティ Levante

マセラティ レヴァンテはギブリ・クアトロポルテと同じパワートレインを採用

マセラティ初のクロスオーバーSUV、「Maserati Levante(マセラティ レヴァンテ)」には、マセラティ ギブリやクアトロポルテと同じパワートレインが設定される事になると米自動車メディア Motortrendがリポートしています。

今回のリポートが正しければ、最高出力404hpの3.0L V6ツインターボエンジン、最高出力523hpの排気量3.8L V8ツインターボエンジン、最高出力271hpのV6ターボディーゼルエンジンの3種のラインナップされることにになります。ただし、AWDのQ4は開発コストの関係で3.0L V6のみに設定のみに設定されるとのことです。

Maserati SUV Levante

下動画はレヴァンテのベースとなる2011年に発表されたマセラティ クーバン コンセプト

Maserati Kubang SUV unveiling in Frankfurt

マセラティ レヴァンテは、ジープチェロキーと同じプラットフォームが採用されるということもあり、親会社のフィアットと提携関係にあるクライスラーの米国の工場で生産される事が発表されていましたが、その後マセラティの親会社であるフィアットの販売不振で工場の稼働率が落ちている事をうけ、マセラティの本拠地であるイタリアで生産される事になると言われています。

Source Motortrend

コメントを残す