Home /NEWS レクサス新型クーペ、レクサ...

レクサスRCクーペ 新型車

レクサス新型クーペ、レクサスRCの画像を東京モーターショーに先がけ公開

レクサスは、11月20日から開催される2013東京モーターショーで、レクサスISの2ドア クーペ バージョンの新しいコンセプトモデル、レクサスRCをを披露することを発表するとともに、その画像を公開しました。

レクサスRC

レクサスRCクーペ 新型車

大胆なコンセプトを実現した、レクサスのこのクーペは、いまやレクサスのアイコンとなったスピンドルグリルを採用、クーペの新しい方向性を示唆しています。パワートレインは2タイプで、V6ガソリン エンジンとハイブリットを用意、高いスポーツ性能を誇るものとなっています。インテリアには、斬新なトリムとコントラストで、ドライバーの楽しさを追及するモデルとなっています。

レクサスRCクーペ 新型車

新しい塗装プロセスを採用することで、澄んだ深い色合いを実現し、大胆なプレスラインによるキャラクターラインを強調、ワイドで低いボディの魅力に相応しくなっています。

レクサスRCクーペ 新型車

大胆なスピンドルグリルの採用で、他のレクサス モデルより一段と低い車高を強調しています。

レクサスRCクーペ 新型車

低さを感じさせる、サイドビューは、滑らかで優雅なラインで描かれ、爽快で快適なドライブを予感します。

レクサスRCクーペ 新型車

レクサスRCクーペ 新型車

コックピットは、斬新なトリムラインとコントラストカラーでコックピットを構成、操作パネルは機能別に分離、シートは快適性の向上と、左右のサポート性を向上させています。

近いうちにリリースされる新型モデルをプレビューするショーモデルであるRCは、全長4,695mm × 全幅1,840mm × 全高1,395mmのボディサイズ、メカニズムを共用しているものと思われるレクサスISよりも100mm短縮された2,730mmのホイールベース長、ワイド&ローセットのスピンドルグリル、2012年に公開され反響を呼んだレクサスLF-LCコンセプトから受け継いだと思われる三角形のヘッドライトなどが特徴の2ドアスポーツクーペです。

なお、量産モデルには、排気量3.5L V型6気筒エンジンを搭載したレクサスRC350と、排気量2.5L 4気筒エンジンと電気モーターを組合せたハイブリッドドライブトレイン搭載のレクサス300hの2グレードのラインナップが発表されています。

コメントを残す