Home /NEWS レクサス マイナーチェンジ...

 レクサス 新型車 ct-200h-15

レクサス マイナーチェンジした新型車 CT 200h

中国の広州モーターショーで発表、マイナーチェンジをした新型レクサス CT200hが東京モーターショーにも出品されています。マイナーチェンジでの主な変更点は、やはりフェイスリフトされたフロントグリルが一番目が行きます。新型 レクサス CT200hは、レクサス独自のデザインアイコンであるスピンドルグリルを採用しました。ただ、このスピンドルグリル、公開されている画像に少し変わっている点があるんです。

レクサス マイナーチェンジした新型車 CT 200hのスピンドルグリルは2種類?

単純にオプションと言ったレベルなのかも知れませんので、本当に大したことではないのですが気になってしまったものは仕方ないですよね。車好きなら確実にん?と思うはずです。

まずは公開されているレクサスCT 200h

 レクサス 新型車 ct-200h-9

 レクサス 新型車 ct-200h-11

 レクサス 新型車 ct-200h-12

 レクサス 新型車 ct-200h-14

レクサス CT 200h 動画(現在なぜか非公開)

ここで、既にピンと来てる方もいらっしゃるかもしれません。さて、気になった CT 200hのスピンドルグリルは画像はこちら

 レクサス 新型車 ct-200h-10

 レクサス 新型車 ct-200h-13

どこだかわかりますか?色ではないですよ(笑)まあここまでひっぱておいてアレなんですが、何のことは無いグリルが、メッシュか、横浅か程度の違いなのです(ひっぱってすみません)。調べた所、メッシュは他のレクサスと同じく、スポーティグレードの Fスポーツに採用されるグリルのようです。

変わったのはフロントデザインだけではなく、足回りや動力性能もだ!というレクサスなりの控えめなアピールなのでしょうか?ちなみに、東京モーターショーにはメッシュデザインのものが展示されています。レクサス的に、やはりこちらが一押しなのでしょうか?

コメントを残す