Home /NEWS ランボルギーニ ウラカンが...

ウラカン

ランボルギーニ ウラカンのプロモ撮影をスパイショット!

生産を終了したランボルギーニ ガヤルドの後継車にあたる新型車ランボルギーニ ウラカン「Lamborghini Huracan LP610-4」。このウラカンは、2014年3月から開催されるジュネーヴショー2014でワールドプレミアされることになっていますが、その際に公開されると見られるプロモーション動画の撮影中をスパイショットされました。

たった8秒の短い動画になりますが、ランボルギーニウカランが街中でテールスライド(ドリフト)させている一瞬を捕らえています。

「Lamborghini Huracan LP610-4(ランボルギーニ ウラカン)」

ウラカンLP610-4は、1,422kgの重量の超軽量な車体に最高出力610ps//8,250rpm&最大トルク560Nm/6,500rpmを発揮する排気量5.2L V型10エンジンを搭載し、静止状態から時速100kmまでを3.2秒、時速200kmまで9.9秒で加速させることが出来るとのこと。

その上で、気筒内直接噴射機構やスタート&ストップ機構の採用し2014年から欧州で採用される排出規制Euro6に対応。それにともない燃費もガヤルドから大幅に改善され12.5L/100kmに。(それでも決して燃費がいいとは言えませんが(笑))

その他、ステアリングホイールに備えられたボタンによって”Strada”、”Sport”、”Corsa”の3種の走行モードを切替え可能なことや、大型ディスプレイ(12.3インチ)のインフォテインメントシステムなどを標準で装備。

コメントを残す