Home 未分類 ランボルギーニ ガヤルド生...

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド生産終了。最後の1台がロールオフ!

2003年ジュネーブショーで過去に存在したベビー ランボルギーニの後継モデルとして発表、同年からリリースされたランボルギーニ ガヤルドの生産が最後の1台がローロオフした事により終了したことがランボルギーニから発表されました。

ガヤルドはランボルギーニ史上最大の販売台数14022台を記録したほどの人気車で、そのバリエーションもオープンバージョンのランボルギーニ ガヤルド スパイダー以外にスーパーレジェーラ・LP550-2 ヴァレンティーノ・バルボーニ・LP570-4 スーパーレジェーラ・LP570-4 スーパートロフィオストラダーレ・RG-3・LP600+・FL2・LP560-4 ビアンコ・ロッソなど多く製作されました。

また、ガヤルドをベースに開発され、2010年10月のパリモーターショーでコンセプトモデルとして発表されたランボルギーニ セストエレメントは生産が決定しています。
1999年にアウディ傘下となった後、最初に開発から行われた車で、プラットフォームをアウディR8共有していました。名称のガヤルドとは、多くが闘牛からとられているいるのにたいして、18世紀スペインの闘牛飼育家であるフランシスコ・ガヤルドから採られています。

ランボルギーニ ガヤルド後継車 「Cabrera(カブレラ)」

このガヤルドの後継車カブレラは、ランボルギーニ アヴェンタドールと近いイメージとなったフロントや厚みの増したリアなど、ガヤルドとは多少異なったフォルムになると言われており、開発車両がニュルでテスト走行が度々キャッチされています。※名称についてはカブレラが濃厚とは様々なメディアで伝えられていますが、まだ不確定
 

ランボルギーニ カブレラ
 

ランボルギーニ ガヤルド後継車、カブレラのニュルでのテスト走行動画

コメントを残す