Home /NEWS ランボルギーニ、ガヤルド後...

ランボルギーニ カブレラ Cabrera 外車

ランボルギーニ、ガヤルド後継車はカブレラでは無く、「Huracan(ウラカン)」?

これまでランボルギーニ ガヤルドの後継車の名称は様々なメディアで「Lamborghini Cabrera(ランボルギーニ カブレラ)」になると言われていましたが、英自動車誌Auto Expressの独自ソースからの得た情報によると、その正式名称は「Lamborghini Huracan(ランボルギーニ ウラカン)」になるとリポートしています。
Space
Auto Expressの調べによると、この「Huracan(ウラカン)」という名称は2012年4月19日にランボルギーニが商標登録されてあったとの事です

Huracanとは、火と風と嵐の神を表すマヤ語を語源としたスペイン語で、ハリケーンを意味する言葉であるとのこと。

ちなみに、ガヤルドの名称は闘牛名ではなく、18世紀スペインの闘牛飼育家であるフランシスコ・ガヤルドから採られていますが、後継車は闘牛とまったく関連の無い名称になってしまうのでしょうか

このガヤルド後継車にちついては、ティザーサイトやストーリー仕立ての動画が公開されており、2013年の年内には公開されると言われています。※トップ画像はティザー動画に登場するスケッチ

ランボルギーニ、新型車カブレラ「Cabrera」のティザー動画を公開【第2弾動画を追加】

コメントを残す