Home /NEWS F1界のドンの娘、元彼との...

ランボルギーニ

F1界のドン、バーニー・エクレストンの長女、元恋人とのランボルギーニ所有権裁判で敗訴した直後にランボをお買い上げ!?

F1界のドン(元?)バーニー・エクレストンの長女タマラ・エクレストンが結婚前の元恋人にプレゼントしたランボルギーニ アヴェンタドールの所有権を巡る裁判で敗訴が決定した数時間後に英ケンジントンにあるランボルギーニ ディーラーに現れました。

少し複雑なので分かりにくいので時系列で説明すると

2010年:証券トレーダーのオマール氏と付き合いはじめる。証券マンってよりは用心棒に見えます(笑)

F1 エクレストン
 

2011年12月:証券トレーダーの元恋人オマール・キャミが、クリスマスプレゼントとしてエマラに白いベントレーをプレゼント
 

ベントレー タマラ エクレストン
 

2012年4月:お返しに今度はタマラ・エクレストンが元恋人オマール氏の誕生日に黒いランボルギーニアヴェンタドールをプレゼント
 

2012年7月:破局(しかしプレゼントしたランボルギーニはタマラが所有)

2013年4月:タマラ・エクレストンがアヴェンタドールを売却しようとしたころ、元恋人が同車を借金の担保としていたことが発覚。車を売却できないことを知ったタマラは所有権を主張し、裁判所に提訴。

2013年4月:タマラ・エクレストンがランボルギーニを整備に出していると車が行方不明に。

2013年4月:その後、元恋人がタマラにプレゼントしたベントレーの借金を返済する為に持ち去られた事が発覚

2013年4月:車が海外で販売されている事が発覚し、裁判で販売差し止め命令を勝ち取るり、車は父親であるバーニー・エクレストン氏が保管

2013年6月:元銀行家のジェイ・ラトランドと付き合って1ヶ月で結婚

しかし、今回エマラが元恋人にプレゼントしたランボルギーニ アヴェンタドールの所有権はエマラでは無いと判決がくだされ、元恋人が車を売った自動車会社に販売差し止めで出た不利益に対して支払い命令が出たその僅か数時間後にランボルギーニのディーラーにている所を撮影されました。※買ったかどうかは不明

ちょっと書いていて自分でも意味がわからなくなってきましたが、つまり貰ったベントレーは自分の物、上げたランボルギーニも自分の物って事です!(笑)

こういったトラブルは日本でもカップルの間でよくあったりしますが、プレゼントの金額が桁違いでしかも裁判まで・・・

しかも結婚したばかりなのに元彼氏と裁判でゴタゴタとか(笑)

ちなみに、元恋人のオマール・キャミ氏と別れた理由は証券トレーダーだったオマール氏が以前AV男優をしていた事が発覚したからです(笑)

でも、当のタマラ・エクレストンもプレイボーイ誌でヌードになったりしてます。お互い様な気がしないでもないです。

タマラ エクレストン プレイボーイ

これ以上の画像はシークでは出せないので、見たい方は「Playboy Magazine blog Tamara Ecclestone」で検索してみてください(笑)

Source Dailymail

コメントを残す