Home /NEWS ラ・フェラーリ事故第1号車...

ラ・フェラーリ 事故 クラッシュ

ラ・フェラーリ事故第1号車! 約1億6000万円で499台限定車が・・・

フェラーリ初の市販ハイブリッドカーとして2013ジュネーブショーにてワールドプレミアされ、499台限定車のラ・フェラーリの事故がイタリア北西部のロンバルディア州マントヴァの高速道路でキャッチされました。このマントヴァは、多くのフェラーリモデルは最近テストされている場所なので、この車両は開発車両の可能性もあるとのことです。

ラ・フェラーリは、エンツォフェラーリの実質的後継モデルにあたり、約1億6000万円もするのにもかかわらず、1000人以上の購入希望者が殺到(ワールドプレミアされた直後なので、その後増えている可能性も)。
開発にはスクーデリア・フェラーリのドライバーであるフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサの意見が反映され、ハイブリッド化したことで、パフォーマンスも大幅に向上し、0‐100km/h加速は3秒以下、0-200km加速は7秒以下、0-300km加速は15秒、最高速は350km/hオーバーのスペック。

また、エンツォ フェラーリ比で二酸化炭素排出量を約50%削減されています

後部を若干ぶつけた感じに見えますが、約1億6000万円もするのだから、これを直すだけでも軽自動車を買う位の金額になってしまうのかな・・・

コメントを残す