Home BODY TYPE ガルウィング ドアってなん...

メルセデスベンツ300SL ガルウィングドア

ガルウィング ドアってなんで生まれたか知ってますか?

ランボルギーニをはじめ様々なスパーカーに採用されているガルウィング ドア。あのドアの開き方は目立ちたいからって訳じゃなくちゃんとした理由があってあの形になってるんです。と、言うか厳密にはランボルギーニのドアはガルウィング ドアじゃないんですよね。

ガルウィングを最初に採用したのは、1954年に発表されたメルセデスベンツ300SLが初めてです。300SLはそもそもワークスチーム用のプロトタイプレーシングカーとして開発されました。300SLプロトタイプのシャーシは軽量化と強度確保を両立させる目的で、細い鋼管を組み合わせたマルチチューブラー・スペースフレームを採用した。この構造では上下のサイドメンバーが座席の脇を縦貫するため、ドア開口部のサイドシルが高くなってしまったために、最低限の乗り降りを考えて、しかたなく跳ね上げ式ドアを採用することになったんだそうです。

ちなみに、ガルウィング「gull wing(カモメの翼」という意味で、ドアを開けた姿が翼を広げたカモメに似ている所からきています。

ランボルギーニは、ガルゥイング ドアじゃない
一般的にランボルギーニのドアもガルウィングと言いますが、ドアが斜め前方に持ち上がるものは「ポップアップドア」と呼ばれ、ランボルギーニ・カウンタックのように車体中心線に直交する軸を持つ1点のヒンジで斜め前方に持ち上がるものは、シザードア(はさみ)やジャックナイフ ドアと呼ばれます。

ランボルギーニ ガルウィングドア アヴェンタドール スパーカー

マクラーレンF1やメルセデスベンツ SLRマクラーレンのように斜めの軸上の2点のヒンジで外側斜め前方に持ち上がるものはディヘドラル ドアやバタフライドア・インセクトウィング ドアと呼ばれています。
メルセデスベンツSLRマクラーレン

他にもケーニッグゼグが採用しているラプタードアも(ドアコンバージョンキットメーカーの命名)

ケーニッグゼグ ケーニゼグ

ちなみに、メルセデスベンツ300SLは当時、ドライバーが事故で死亡したため、「Widow maker(未亡人製造機)」というありがたくないあだ名を与えられていたそうです。それでも人気はあり今日、価格は40万ドル〜(約4000万円〜)まで達しているんだそうです。

コメントを残す