Home /NEWS ジャガーFタイプに4気筒タ...

ジャガーfタイプ 新型車

ジャガーFタイプに4気筒ターボのエントリーモデルをランナップへ
ジャガーの新型スポーツカー、ジャガーFタイプ ロードスターに4気筒ターボエンジンを搭載するエントリーモデルがリリースされる可能性が高いと、ジャガーのエンジニアリング ディレクターへの取材を元に、英自動車メディアPiston Headsがリポートしています。

エンジンは、ジャガーの新しいエントリーセダン(Xタイプの後継車)に搭載されることが既に明らかにされている新開発の4気筒ターボエンジンが搭載され、5万ポンド(約840万円)以下の価格が付けられるものと予想されています。

[Source Piston Heads

ジャガーFタイプのエントリーモデル?の開発車両をキャッチ!

今年発売が開始されたばかりのジャガーの新型ロードスター、ジャガーFタイプのエントリーモデルと思われる開発車両の姿がキャッチされ、これはジャガーFタイプのエントリーモデルであるとAutoWeek.nlがリポートしています。

現在ジャガーFタイプには、340psと380psの2種の出力が用意された排気量3.0L V型6気筒スーパーチャージャーエンジンと最高出力495psの排気量5.0L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンの合計3種(日本では3L 340psのベースグレードとと5L 495psのV8 Sのみ)がラインナップされています。

ジャガーFタイプ 新型車

しかし、今回撮影されたベースにエンジンフードに細工が施されたこのジャガーFタイプは、ジャガーXJにも採用されている最高出力240psの排気量2.0L 4気筒ターボエンジンを搭載したFタイプの新しいエントリーモデルの開発車輌であるとのことです。

ジャガーFタイプ エントリーモデルの価格は?

現在、日本で発売されているジャガーは、950万円 3L 340psのベースグレードと1250万円の5L 495psのV8 Sです。

排気量で考えると、2000ccで300万円差。となると2000ccのエントリーモデルが出た場合は、1000cc分(150万円)引いて800万円程度?

馬力で考えると、155馬力の差で300、1馬力約18750円。馬力が減る分引くと約762万円。

そんな簡単な計算では無いと思いますが、ジャガーがFタイプ開発の際に意識したポルシェ ボクスターがベースグレードで631万円(MTならば584万円)と、割安感があります。その辺を踏まえて庶民でも超頑張れば買える程度の超戦略的価格でお願いしたいものです(笑)

[Source AutoWeek.nl

コメントを残す