Home /NEWS どんな仕組みに!?洪水災害...

いすゞ トラック 海外車

洪水災害時に活躍、日本製のレスキュートラックに驚愕

オーストラリアで起きた大雨による洪水災害。道に水が氾濫し、その水かさは3mにも及ぶ所も。その道というよりむしろ川と言った方が表現できるような場所を、躊躇なく突き進みレスキューに向かう車両が世界中で話題になり、その車がなんと日本のいすゞ製であまりのタフさに驚きの声を隠せないと言った動画を紹介します。

氾濫した水の中を突き進むレスキュートラック

近年、異常気象による洪水災害のニュースを耳にすることも増えていますが、そんな時に水で通れない道があるためにレスキュー隊が辿りつけないとあっては、助かる命も助からないなんて事もあったのだと思います。

ですが、この動画では、トラックがほぼ水沈してしまっている様な場所を走り抜けていきます。

いすゞ トラック 海外車

いすゞ トラック 海外車

いすゞ トラック 海外車

水の中を突き進むレスキュートラック動画

この現場にいた方も、動画を見た方も驚きの声が寄せられています。途中なぜかワイパー動かしていますが、確実に意味がない気がしますが…

画像を検証してみると、脱出時に水がボディ下部から流れ出ているのが分かります。おそらく走行に影響がある場所をさけて水の通り道を作っているのであろうと思われます。電気系統も完全に防水の仕様に変更されていると想定できます。

それにしても凄い…正直ありえないレベルです。これからもきっと災害時に活躍してくれるでしょう。いすゞ恐るべし。

コメントを残す