Home /NEWS ヒュンダイ、新型ジェネシス...

Google ヒュンダイ ジェネシス

ヒュンダイ、新型ジェネシスはGoogle Glassに対応!

韓国ヒュンダイの2014に発売する新型ジェネシスがGoogleが開発中(ベータ版は既に発売)のウェアラブルデバイス、Google glassに対応する事を発表しました。

Google glassは、Googleが開発しているヘッドマウントディスプレイのウェアラブルデバイス。ウェアラブルデバイスとは、身につけて持ち歩くことが出来るコンピュータ。(Appleも時計型のウェアラブルデバイスを開発中)

Google-Glass  ヒュンダイ 現代

GoogleGlass プロモーション動画

Google Glassに対応しても問題は・・・

このGoogle glassは、既にベータ版が選ばれたユーザーに販売されていますが、米カルフォルニアでこのベータ版を付けたまま自動車を運転していた女性が違反キップを切られています。

違反の内容は『モニターが視認可能な状態で自動車を運転』というもの。その女性が公開した違反キップの画像が下画像。赤い丸で囲まれた部分に「GOOGLE GLASS」と書かれているのがわかります。

Google Glass

Google Glass

この取り締まりが行われたカリフォルニア州の州法では、自動車の運転中にドライバーが見える範囲の画面に車両情報や地図表示、音楽、ラジオ情報以外の何かを表示させると法律違反になると定められているそうです。

これだけだと、Google Glassを運転中に付けていてもナビならばOKと解釈できるのですが、問題は何に使用していたかです。実際に使っていたかどうかすら判断が難しいです。この違反キップを切られた女性も捕まった際ににはGoogle Glassを使用していなかったとのこと。

しかし、Google glassにはナビ機能などもあるので、Google glassでナビを使っても違反というのはおかしい気がします。通常のナビと違い目線をそらす必要が無い分むしろGoogle Glassを使った方が安全な気もします。

これには、多く人から『そんなバカな!?』『この法律はテレビのことを指しているので、違反にはならない!』『パトカーにだってモニターは付いてるじゃないか』と、言った意見が多く、中には『裁判する費用が無いなら寄付します!』と言ったコメントも(笑)

しかし、『これは違反だ!』との意見も少なからず・・・

ちなみに、英国では英運輸省が運転中のGoogle Glassの使用を禁止、米国ウェストヴァージニア州でも運転中のGoogle Glass装着を禁止する法案が提出されています。

このGoogle Glass早ければ2014年中にも発売開始(一般ユーザーへ)されると言われています。結局の所、使うユーザー次第なのですが、今後法律的にどうなって行くのかは非常に気になります。

コメントを残す