Home /NEWS ホンダ 新型ステップワゴン...

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

ホンダ 新型ステップワゴン ハイブリッド ターボ車

ホンダ 新型ステップワゴンにはハイブリッド車の設定は無し?

ホンダの主力ミニバンであり、現在フルモデルチェンジをしたオデッセイに引き続来、早期のモデルチェンジが待ち望まれているステップワゴン。対向車種であるトヨタ ノア&ヴォクシーがハイブリッドを投入することが決まり、日産セレナは引き続きストロングハイブリッドを販売と、ホンダの次期ステップワゴンもハイブリッドが投入されると考えられていましたが、ハイブリッドは設定しないとレポートされています。(画像は現行ステップワゴン)

次期ステップワゴンはハイブリッド無し ターボ化へ

2014年にもフルモデルチェンジする予定の、新型ステップワゴンには、他社のミニバンと比較した時にハイブリッド性能よりも、価格の設定が大切だと判断したようです。

ホンダ シビック タイプR 新型車 エンジン VTECターボ 2

以前、新型シビック タイプRの高出力VTECターボエンジンの発表の際、1.5リッター4気筒ターボエンジンと、1.3リッター3気筒ターボエンジンも発表されましたが、いずれかのエンジンが搭載されると考えられます。やはり現実的には上記画像の1・5リッター4気筒ターボエンジンでしょうか。

参考記事
[ホンダ シビック タイプ-R復活へ 280馬力以上の直噴2.0リッターVTECターボ!]

新開発のダウンサイジングかしたVTEC ターボエンジン

排気量を抑えながら高出力&環境性のの高さから、ホンダのどの車種に積まれるのか、色々予想はされていましたが、1.5リッターターボエンジンはサイズからするとステップワゴンの可能性もあるとは考えられていました。実際どのエンジンが採用されるかは明らかにされていませんが、他社との差別化として非常にアリな選択肢です。グローバルな展開をしているホンダならではの選択肢ではないでしょうか。

ハイブリッド車にくらべ、低コストで生産できるだけに、これは面白い展開です。次期ステップワゴンの今後の動向が注目されます。

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

コメントを残す